• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

人気ミュージカルシリーズ「シャーロック ホームズ」シーズン2開幕

ミュージカル「シャーロック ホームズ2~ブラッディ・ゲーム~」公開ゲネプロ

 ミュージカル「シャーロック ホームズ2~ブラッディ・ゲーム~」の初日前日会見と公開ゲネプロが行われた。

 本作は、韓国発の創作ミュージカルで昨年1月に上演し、好評を得た「シャーロック ホームズ~アンダーソン家の秘密~」に続くシリーズ2作目となる。前作から続投のホームズ役・橋本さとしとワトソン役・一路真輝に加え、別所哲也秋元才加小西遼生良知真次など、ミュージカル界の実力派が新たに集結し、ファンの期待も高まっている。

 本番を目前に控え、橋本は「シーズン1のときより出演者が増えて、楽曲の空気感もスケールアップしています。今回は“切り裂きジャック”という世界的にも有名な犯罪者とホームズが対決するというのがスリリングで面白いと思いますし、犯罪が飽きる過程においての人間描写が深く描かれていて、ぜひご注目いただきたいと思います」と見どころを語った。

 続いて一路は「ミュージカルの続編は珍しいと思いますが、内容が変わっていても、キャラクターとしてホームズやワトソンたちが軸としてそのまま残っていながら世界観が広がっていくということが面白味だと思う。そして今回、新しく出来上がっている世界は、前作以上にスケール感が大きくなり、エンタテインメント性が優れたものになっていると思います」と、手ごたえを感じた様子。

 これまで演じてきた役柄や従来のイメージと異なる、受動的で無垢な女性・マリアを演じた秋元は「さとしさんと、一路さん、素晴らしい方々と共演させていただいて、その中で学ばせていただけるのは本当にありがたいことだと思っています。私の演じるマリア・クララという役も、この物語の中でキーとなる役なので、一生懸命務めさせていただきたいと思っています」と意気込みを語った。

 また、韓国発の本作品が日本のキャスト・スタッフにより新たな解釈でアレンジされ、まったく違う個性を持った作品になっていることに触れた別所は「初めて韓国ミュージカルに参加できるというのはうれしく、また“シーズン2”であるとか、ワトソンが女性であるとか、さまざまな斬新で面白い部分がたくさんあるカンパニーに、安心して舟に乗るという感じです。とにかくホームズとワトソンがチャーミング。軽やかに、時にリズミカルに物語の謎解きをしてくれるので、警部役で出演する僕も含め、今回シーズン2で参加する仲間と一生懸命楽しく物語を運んでいければと思います」と語った。

 登場人物たちの運命の糸がどのように繋がり合うのか。サスペンスであり、哀しい愛の物語でもあるミュージカル「シャーロック ホームズ2~ブラッディ・ゲーム~」は4月26日(日)から5月10日(日)まで、東京芸術劇場プレイハウスにて上演。その後、各地公演が続く。

ミュージカル「シャーロック ホームズ2~ブラッディ・ゲーム~」
演出:板垣恭一 訳詞:森雪之丞 上演台本:斎藤栄作 音楽監督:佐藤史朗
脚本:キム・ウンジョン 作詞:ノ・ウソン 音楽:チェ・ジョンユン
出演:橋本さとし 一路真輝
秋元才加 小西遼生(Wキャスト)良知真次(Wキャスト)
竹下宏太郎 まりゑ 春風ひとみ コング桑田
別所哲也

東京公演:2015年4月26日(日)~5月10日(日)東京芸術劇場プレイハウス
企画・製作:キューブ・東宝芸能

福岡公演:2015年5月16日(土)、17日(日)キャナルシティ劇場
主催:キャナルシティ劇場、キューブ、東宝芸能

兵庫公園:2015年5月21日(木)~24日(日)兵庫県立芸術文化センター
協力:リコモーション

オフィシャルサイト(http://www.s-holmes.com

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える