• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

草彅剛&香取慎吾「burst! ~危険なふたり」の会見の詳細を公開!

 三谷幸喜が作・演出を手がける草彅剛香取慎吾の2人芝居「burst! ~危険なふたり」の開幕直前囲み会見が、29日、渋谷・PARCO劇場で行われた。ストーリーが一切明らかにされていない中、内容のヒントになるかもしれない、揃いの赤いパジャマに身を包んで報道陣の前に現れた2人。6月まで続く長い舞台へ向けた意気込みを聞いた。

――いよいよ初日。準備は万全ですか?

草彅:稽古では乗り越えないといけない壁がたくさんありましたが、ようやく無事に初日を迎えることができて、本当に幸せな気分です。せりふが多くて覚えるのが大変で、慎吾と稽古をする時間もあまりなくて。本当はもう少しあった方がお互いの呼吸も合うんですけど。三谷さんと慎吾と3人で合わせる機会もそんなになかったので。2週間くらい?

香取:うん。

草彅:だから時間的には少しキツい部分があったんですが、チームワークで今日、初日を迎えられました。ばっちりだと思います!

香取:初日までのこの3日間くらいは毎日、1日2公演ずつくらいやってますからね。

草彅:そうですね。

香取:あんまりうまく行かないところも…。

草彅:具体的にどこがっていうのは(ネタバレなので)言えないんですが、そこは来てくれる方へのお楽しみ。僕、舞台は何度か経験があるんですが、今までで一番楽しくて、本当にスリリングな舞台になってます。

――それは香取さんと一緒だから?

草彅:そうですね。慎吾は本当に「スリリングな奴」なんで(笑)。

香取:いやいや、そっちの方がスリリングな奴じゃん…。

――ずっと2人で舞台をやりたかったと伺いました。

草彅:そうです。小さい頃、10代の頃からそんな話をしていたので、20年越しくらいの夢が叶ったという感じです。随分時間がかかりましたが、このタイミングで慎吾と2人、同じ舞台に立てるということが非常に幸せです。

香取:2人で何となく、いろんなところで、「舞台やりたいね」ってつぶやいていたんですよ。そしたらつよポンが、「三谷さんに書いてもらおうぜ~」みたいな(笑)。いや、そんなね、簡単なことじゃないんだと。無理だよって言ってたら、それをどこからか三谷さんが聞いてくださったみたいで。「本気なんですか?」と。いや、本気です! と。それで実現しました。

草彅:言ってみるもんですよね(笑)。冷静に考えると、三谷さんが僕らに当てて脚本を書いてくれて、僕ら2人の為に直接演出までしてくれているって、これは非常に奇跡的なことで、幸せだなって毎日思ってますね。

〈中略〉

香取:僕は舞台の経験が浅いので、経験が多いつよポンのことを、稽古中も劇場に入ってからも見ることができて、素敵な俳優さんだなと思ってます。

草彅:…ありがとうございます(照)。

香取:今までは完成した彼の作品しか見てこなかったけど改めて、草彅剛のお芝居はこういうふうに作られてるんだな、と思いまして。皆さんに、彼がお芝居を作り上げるまでの過程も見てほしいなって思うくらい。素晴らしいなと思いましたね。

草彅:いや…あの…、ありがとう。こんなにまともに褒めてくれるのは初めてかもしれないね。仕事しててね。

香取:うん。初めてだと思います。今回、毎日のように2人でいて、結構今まで知らなかったことがありましたよ。例えば、何それ? みたいな「酵素」のジュースを飲んでたり、すっぽんのスープをボトルに入れて飲んでたり。なんかもう、女優さんみたいだなと思って(笑)。今まで知らなかったです。

草彅:普段はあんまりしないけど、舞台のときはね。やっぱり体が資本じゃないですか。

香取:しかも会うといろいろくれるんですよ。飴とか…。「これは喉にいいから、舐めなさい」みたいな。大御所の女優さんみたいなの。

草彅:経験上ね。先に先に手をうたないと、大変なことになるんで。僕も再発見したことあります。今回、慎吾には珍しく(台本に)メモをとってるんですよ。三谷さんの言うことを一語一句、逃さないようにメモを。ペンを買って来ちゃったりとかして。なんかすげー良さげなペンを持ってて、そのペンがね、20万円くらいするんですよ! 

香取:…変なこと言うなよ。

草彅:なんかすっげー、20万円のペンって、どんなペンだよ! みたいな。(香取に)あ…ごめんね言っちゃって。何なの? あれ。すごいんですよ、なんかワンタッチで…ぐにょ~んってなるやつで…。

香取:もうペンのことはいいんだよ!!

草彅:初めて見ましたあんなペン。

香取:台本に何かを書いてるっていうところならまだいいよ。ペンの話を広げんなよ!

草彅:ごめんごめん(笑)。でも1本20万円ですからね。ペンが。

香取:金額もいらないよ! 

草彅:いやぁ、びっくりしたわ~。

香取:僕は台本に何かを書いたりってことがあまりないんですけど、もうそうしないと間に合わないんです、本当に。

草彅:さ~すが、SMAPですよね。ペン一本20万円だからな。

香取:もうバカ~! そこがちょっとあれに(扱いが大きく)なっちゃうだろそこが。

〈中略〉

――今着ているのは衣装ですか?

香取:そうです。これ私服だったら大変…。「ちょっと初日なんで、私服でお揃いで合わせて来ました」みたいな…(笑)。

草彅:パジャマですよね。しかもお互い全く一緒の衣装っていうところがね。面白いところがあるんです。これがまた。

――SMAPのメンバーは見に来てくれそう?

草彅:稲垣吾郎君は舞台も好きですし、パルコ劇場でも何度もやってるので、来てくれるって言ってましたね、こないだ。上の2人(中居正広・木村拓哉)はどうですかねぇ。

香取:ねぇ、上の2人とあんまりしゃべったことないの?

草彅:そんなことないよ(笑)

香取:俺はしゃべりました。こないだ木村君を誘いました。「ドラマ中だぜ~?」って言ってたけど、分かってるけど来てよ! って。

草彅:本当? 来てくれるって?

香取:話はしました。

草彅:いつもは僕が舞台やっててもだいたい中居君と木村君は来てくれないんですけど、今回はすごく気になってるみたいで。舞台のことを(向こうから)聞いてくるんですよ。

香取:本当にね。木村君とかも、「今どうだ? 稽古」みたいなね。

草彅:「まだそこまでなのか?」みたいな。

香取:「大丈夫なのか?」って木村君が言ったあとに、今度は中居君が来たと思ったら、「あれ、いつからだっけ?」みたいな。「もう無理なんじゃない? 難しそうなんだ? 時間無くて? もうアドリブでやっちゃえよ」みたいな。なんか2人すげー優しい…、どうしちゃったんだろう? SMAP怖い…って。

草彅:初めてだね、こんなのね。

香取:みんな(本当は)知ってるのに、「知らねぇよそんなの」って感じで、知ってるのに知らないふりして20年以上やって来てるっていうグループなんですけど、今回は…。

草彅:ストレートに状況を聞いて来てくれる。

香取:吾郎ちゃんだけ俺には何も言ってこないけど(笑)。

――以前お2人が一緒に舞台に立たれたときは、中居さんも一緒でした。

草彅:そうですね。スマシプという。

――それを考えると、もしかしたら中居さんも一緒にやりたかったのでは?

草彅:どうかな…。まぁちょっと気にかけてはいるので、やって欲しいというか、そういう気持ちになってくれるといいんですけどね。まぁでも、そこまでは(一緒に出たいとまでは)思ってないかもしれないですね(笑)。

――2人だけの公演が6月まで続きます。関係は深まりそうですか?

香取:楽屋が2人一緒なんですよ。お互い化粧する椅子が両側にあって、真ん中にソファがあるんですけど、ソファを(草??が)結構使ってるんです。使いながら、(僕のことが)気になったのか、「いいよ? ソファ(隣)、座っても~」とか言うんですよ。

草彅:んふふ、そうね。なんか、そういうのもいいですよね。2人でずっと同じ楽屋にいるって。なかなか無いんでね。

香取:(一緒で)いいと思ってるの? 今。

草彅:いいよ、すごく。

香取:ほぇ~。(満足げ)

草彅:心地いいですよ、僕は。不思議な感じでね。空気みたいな存在って感じがする。不思議ですよね。ほかのメンバーだとそうはならないんだけど、慎吾に限ってはあんまり気にしなくていい。楽ですよね。

〈中略〉

――最後に皆さんにメッセージを。

草彅:来てくれる方には本当にスペシャルな時間を過ごしてもらえるように、この劇場から自分の家に、僕らの気持ちを何か持って帰れるような、そんな舞台にしたいと思ってます。今回来られなくて残念な思いをしている方がたくさんいると僕らも聞いています。そういう気持ち、僕らは本当に痛いぐらい分かっていますので。そういう気持ちも分かった上で2人で頑張っています。来られない方も、遠いところからでも応援していただきたいなと思っています。

香取:この劇場に来られなくても、(僕らのことを)思っていてほしいです。
毎日、「頑張れ」と。皆さんの思いを胸に、この劇場に来てくれた方々にちゃんと
返せるように日々頑張ります!

 舞台「burst! ~危険なふたり」は6月2日(火)まで、渋谷PARCO劇場にて上演中。

紹介しきれなかった開幕直前囲み会見のコメントは、5月14日(木)発売の「シネマ★シネマ57(Cinema★Cinema Vol.57)」(学研パブリッシング刊 税込990円)にて、草彅剛&香取慎吾の会見時の撮影写真とともに、ほぼ全文を掲載します。お楽しみに。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える