• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

2012年中国最大歴史ドラマ『項羽と劉邦』日本初放送

(C)中国国際電視総公司

「三国志」と並び、日本でも小説・漫画・舞台などで親しまれている、“項羽と劉邦”の物語。中国で2012年12月よりスタートした「項羽と劉邦 King’s War」(全80話)が、WOWOWプライムで4月20日(土)前9・00から日本初放送される(毎週(土)2話ずつ放送。第1・2話無料放送)。

 中国ドラマ史上最高となる約35億円もの製作費をかけた全80話の歴史大河ドラマ。秦王朝滅亡後の覇権を争う2人の男、項羽と劉邦。紀元前206年から202年に、中国全土で繰り広げられた楚漢戦争を圧倒的なスケールで描き出す。宮殿や城壁などの大掛かりなセットや大量の騎馬兵を投入した戦闘シーンなど、スケールの大きな作品となっている。

 制作スタッフには、ドラマ「三国志 Three Kingdoms」を手掛けたガオ・シーシー監督のチームがラインナップ。キャストも豪華で、劉邦には映画『インファナル・アフェアIII 終極無問』などで知られるチェン・ダオミンが、項羽には台湾の人気俳優ピーター・ホー。中国ドラマ史上最高の製作費を投じた歴史超大作をお楽しみに。

■ストーリー
 秦朝末期、始皇帝が謎の死を遂げる。皇帝の側近で宦官の趙高は、国政を掌握すべく遺言を偽造。世継ぎである長子の扶蘇を殺し、その弟・扶胡亥を皇帝に据える。扶胡亥は趙高の意のままに、皇族や重臣を粛清。同時に先代の墓・始皇帝陵の完成を急がせる。だが、従事する工夫の大半は過酷な労働の末に死んでいく運命だった。召集されるも死、逃げるのはもちろん死という状況の中、耐えきれなくなった民衆は各地で次々と蜂起をする。
 反乱軍の中には、24歳の楚国旧貴族の子孫・項羽(ピーター・ホー)と46歳の沛県小官吏・劉邦(チェン・ダオミン)がいた。勇敢で戦に長ける項羽は天下義軍のリーダーとなり、西楚の覇王と名乗る。一方、民情を理解し人を使うことに長けていた劉邦も、次第に勢力を拡大。戦いの中で義兄弟の契りを結んだ項羽と劉邦はついには秦を倒す。だが悲願を果たすと、2人は天下を奪い合うライバルへと変わっていく。
■スタッフ・キャスト
監督:ガオ・シーシー
脚本:ワン・ハイリン、イエン・ガン
出演:チェン・ダオミン、ピーター・ホー ほか

中国の歴史超大作『項羽と劉邦』を日本初放送!WOWOWがネットからの加入申し込みですぐ見られる!」
 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える