• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「早く現場に入りたい」北川景子が新ドラマで初の探偵役&本格アクション挑戦

「早く現場に入りたい」北川景子が初の探偵役&本格アクションに挑戦

 北川景子がフジテレビ系7月スタートの木曜夜10時枠の連続ドラマ『探偵の探偵』で主演を務めることが決定した。北川はフジテレビ連続ドラマ初主演で、今作品で初の探偵役、初の本格アクションに挑戦する。

 原作は、『万能鑑定士Q』シリーズや『千里眼』シリーズで累計1000万部以上の売上を誇る松岡圭祐が書き下ろす最新シリーズで、シリーズ累計40万部を突破した『探偵の探偵』(講談社)。北川演じる紗崎玲奈(ささき・れな)は、亡き妹のため命がけで探偵を追う探偵。容姿端麗、頭脳明晰で、記憶力が異常に良く、物事を総合的に判断して最適な行動を選択することができる能力の持ち主。実妹の死にまつわる残酷な過去をきっかけに探偵となり、悪徳探偵業者を調査・追及する「対探偵課」において、たったひとりの調査員として切り盛りしてきた孤独な女探偵だ。

 北川は出演が決まっての感想について、「率直にうれしかったです。最初にプロットをいただいた時に、探偵を探偵するという企画の新鮮さにも心引かれました。その後、原作を読んだ時に、もともとは普通の女の子だった玲奈が妹を失うことによって、変貌していく…、そのさまに、衝撃を受けました。とても刺激的な役をいただきましたので、早く現場に入りたいと思いました」と。

 また「原作を読んでハードな印象を受けたので、アクションをカッコ良くできないことには、原作の世界観を映像として具現化することはできない、と思いました。幸い私は特撮出身で、アクションに対する恐怖心が全くなく、基礎的なことも特撮時代に培っていたので、その経験を生かせる役でうれしかったです。でも今回は、玲奈が結構やられてからの反撃というシーンが多いので、やられてもやられても立ち上がるというのが、見せ場の一つになってきます。アクションのレッスンでは、無残なやられ方と、そこから立ち上がる底力というものを表現していきたい。そのために、撮影期間中も練習を重ねていきたいと思っています」と、アクションシーンにも意欲満々だ。

木曜劇場『探偵の探偵』
7月スタート
フジテレビ系 毎週(木)午後10時放送

■キャスト
北川景子

■スタッフ
原作:松岡圭祐「探偵の探偵」「探偵の探偵Ⅱ」「探偵の探偵Ⅲ」(講談社文庫刊)
脚本:徳永友一(『海の上の診療所』、『水球ヤンキース』ほか)
プロデュース:渡辺恒也(『HERO』、『救命病棟24時』、『カエルの王女さま』ほか)
草ヶ谷大輔(『極悪がんぼ』、『独身貴族』、『隣のレジの梅木さん』ほか)
音楽:NIMA FAKHRARA
演出:石井祐介(『SUMMER NUDE』、『私が恋愛できない理由』、『BOSS』ほか)
品田俊介(『信長協奏曲』、『残念な夫』、『水球ヤンキース』ほか)
森脇智延(『HERO』、『ほんとにあった怖い話』、『問題のあるレストラン』ほか)

制作:フジテレビドラマ制作センター

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える