• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

舞台「ウレロ☆未公開少女」大団円!DVD化も決定

稽古中の様子(C)TV TOKYO

 3月2日~3日、都内・六本木ブルーシアターで全3公演行われた舞台「ウレロ☆未公開少女」が大盛況の中、幕を下ろした。

 本作はテレビ東京系で放送されたシチュエーションコメディー『ウレロ☆未確認少女』、『ウレロ☆未完成少女』の書き下ろし舞台版。出演者はレギュラーメンバーの劇団ひとり、バカリズム、東京03(角田晃広、飯塚悟志、豊本明長)、早見あかり、舞台版のゲストとして入江雅人、高畑充希がドタバタ劇に参戦した。

 会場では劇中にも登場するTシャツと、ウレロシリーズでお馴染みのキャラクター・クマール急便と今回の舞台に登場する重要キャラクター“オニゾウ”が描かれたトートバッグが販売されたほか、『ウレロ☆未完成少女』で使用された小道具が展示されており、どちらにも行列が出来る人気ぶり。

 爆笑のハプニングが巻き起こった千秋楽では、カーテンコールに応えたメンバーがステージに登場。ウレロ初舞台をやり遂げ、ゲストの入江は「テレビで見ていた時から『この人たち、楽しそうだな』と思っていたので、一緒に舞台をやれてうれしかったです。さっきもステージの裏でモニターを見ていたんですが、テレビを見ているみたいでした(笑)」と共演が叶った喜びを語った。

 いっぽう、劇中でバカリズムにきついセリフを浴びせられる高畑は「本番は3回ですけど、稽古やリハーサルで何度も言われ続けるので、さすがにへこみました…」と本音をこぼし笑いを誘った。また、2日に高校を卒業したという早見へ角田から花束が手渡されるほほ笑ましいサプライズも。最後に劇団ひとりが「もう1回舞台やりたい!でも、その前にテレビをもう1回やりたいよね」と次回作への意欲を語り、「皆さん、またお会いしましょう!」と締めくくった。

 舞台「ウレロ☆未公開少女」は6月26日(水)DVDが価格4725円、ブルーレイが5460円(すべて税込)で発売予定。現在公式サイトで予約受付中。

「ウレロ☆未公開少女」公式サイト(http://www.tv-tokyo.co.jp/ufi2/stage/)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える