• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

“反省猿次郎”で一世を風靡した猿まわし師・村崎太郎の再起をかけた挑戦を追う

 5月3日(日)に放送されるドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS/TBS系全国ネット 後11・10~11・40)は、猿まわし師・村崎太郎に密着する。

 かつて“反省猿次郎”で一世を風靡した猿まわし師・村崎太郎。“反省ポーズ”は社会現象にもなったが、「次郎おさるランド」の経営は失敗。莫大な借金を抱えたうえ、うつ病を患い、死を考えたほどの沈滞期が20年以上も続いた。

 そんな中、ライバル関係にあった間中敏雄氏が率いる「日光猿軍団」が閉鎖されることを知り、村崎は施設を継承しようと一念発起し。3月に行われた記者会見で「日光さる軍団」の名称で復活させることを発表した。

 番組では、初めて指揮する猿たちと村崎に密着。500人規模の大きな劇場で、ゴールデンウィーク初日の4月29日に行われた公演までの道のりを追う。

■村崎太郎プロフィール
1961年3月10日 山口県生まれ。
1978年、17歳で初代次郎とコンビを組み、日本に途絶えた猿まわしを復活させる。
銀座数寄屋橋交差点で大道芸を披露し話題となる。番組出演をきっかけに“反省ポーズ”が流行ると、1991年文化庁芸術賞、ACC全日本CMフェスティバル優秀賞を立て続けに受賞。
1996年に開いた常設劇場「次郎おさるランド」の経営に失敗するも、現在はテレビ番組出演、全国公演のほか、執筆活動や後継者の育成にも力を注いでいる。

「情熱大陸」
公式サイト(http://www.mbs.jp/jounetsu/
公式Facebook(https://ja-jp.facebook.com/jounetsutairiku
公式Twitter(https://twitter.com/jounetsu

(C)MBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える