• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

木南晴夏が色気ゼロの“妄想女子”に!新ドラマ『妄想彼女』に出演決定

『妄想彼女』に出演する木南晴夏

 5月23日スタートのドラマ『妄想彼女』(フジテレビ系)に女優の木南晴夏が出演することが決まった。

 『妄想彼女』は、実在しない架空の彼女との出会い・結婚・出産までを一人で撮影したデート写真を紹介しながら、空想の生活を描いて注目を浴びた“ひとりデートマスター”地主恵亮による“完全妄想恋愛小説”が原案。その話題作を、“恋愛ファンタジー”として完全オリジナルドラマ化する。“妄想彼女”はるを広瀬アリス、“おひとりさま”の究極形の圭祐を浅利陽介が演じる。

 木南が演じるのは、圭祐と趣味が合う“腐れ縁”の仲で“おひとりさまの妄想女子”という鎌倉由紀役。“おひとりさま”の究極形を突き進む圭祐に対し、美人で恋愛経験はあるが、いつもスッピンで色気ゼロ、「妄想女子が勝手に選ぶ、理想の彼氏条件99」という本を出版するなど、圭祐とは違った形で“妄想”を楽しむ“妄想族”という役柄だ。

 木南は「原作の『妄想彼女』の写真を初めて今回拝見しましたが、その徹底ぶりに感動しました。その内容にひいてしまうことも全くなかったですし、むしろこんなにもバリエーションがあるんだと、私自身も感心してしまったほどです。ドラマはその後、その妄想彼女が本当に現れたら…というお話ですけれど。結局みんな理想のタイプを求めても、理想のタイプそのままだと物足りなくなってしまったり嫌気がさしてしまったりする。妄想したり、理想を追いかけてるばかりではなく、ちゃんと現実を見なきゃと思わされるドラマです。でも…妄想って楽しい」とコメントを寄せた。

『妄想彼女』
5月23日スタート
フジテレビ系 毎週(土)後11・40~深0・05

<1話あらすじ>
 “妄想彼女”はるとの生活をSNSに投稿していた圭祐(浅利陽介)のもとに、ある日突然“理想の彼女”はる(広瀬アリス)が現れる。そしてはるは、なぜか圭祐の“妄想”通りに行動してくれる。奇跡のような展開に慌てふためく圭祐。夢ではないかと疑い舞い上がる圭祐の元に、誕生日を祝おうと由紀(木南晴夏)が訪れて…。

■キャスト
広瀬アリス
浅利陽介
木南晴夏
丸山智己
鈴木勝大
三宅ひとみ

■スタッフ
脚本:大野敏哉(『世にも奇妙な物語14秋~未来ドロボウ』『FLASHBACK』他)
編成企画:清水麻利子(『奇跡体験!アンビリバボー』他)
演出:プロデュース:後藤庸介(『世にも奇妙な物語14秋~未来ドロボウ』他)
制作:フジテレビ・共同テレビ
制作著作:共同テレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える