• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

海外ドラマ『SCORPION/スコーピオン』独占日本初放送!吹替キャストコメント

海外ドラマ『SCORPION/スコーピオン』

 IQ700の天才集団が、最先端テクノロジーを駆使して難事件に挑む注目の海外ドラマ『SCORPION/スコーピオン』が、海外ドラマ専門チャンネル「スーパー!ドラマTV」で5月22日(金)から独占日本初放送される。

 本作は、全米で高視聴率ヒットを記録している最新犯罪捜査ミステリー。数々の国家犯罪レベルの難事件に挑むトータルIQ700の天才チームの活躍を描き、軽快なテンポで展開するストーリーとスリリングなアクション・シーンなどで注目を集めている。

 日本語吹き替え版では、IQ197のコンピューターの天才でチームのリーダーながら、人間関係に不器用なうえ女性の扱い方も知らないウォルター役を杉田智和が、実は天才の9歳の息子ラルフを育てるシングル・マザーで、他人とのコミュニケーションが下手なウォルターたちをサポートするペイジ役を小林沙苗が演じる。

【吹き替えキャストコメント】

■杉田智和/ウォルター・オブライエン役

――アフレコ収録がスタートし、役を演じられての感想

演者が凡人なので天才を理解するのが困難です。彼らからすると「理解できないだろうし、理解してほしくもない。」とか言いそうですが…。でも私は諦めません!!

――作品の“一番の見所”や“お気に入りのシーン”

楽しみ方を安易に聞くな。ウォルターに笑われるぞ!

――気になるキャラクター

ラルフの成長でしょうか。悪くなったら素敵ですね。

――おすすめコメント

幼少の頃好きだった「特攻野郎Aチーム」を思わせる内容です。私も楽しもうと思います。

■小林沙苗/ペイジ・ディニーン役

――アフレコ収録がスタートし、役を演じられての感想

ペイジは子供を愛する普通の母親です。スコーピオンの個性的なメンバーに囲まれ、非日常に戸惑いながらも持ち前の明るさで頑張る彼女を見て、応援したくなりました。

――作品の“一番の見所”や“お気に入りのシーン”

第1話のフェラーリを走らせるシーンですね。迫力と緊張感がありました!!運転しているウォルターが格好よかったです。

――気になるキャラクター

ラルフとウォルターです。2人の距離がどのように縮まっていくのか楽しみです。

――おすすめコメント

天才たちが頭脳と体を使って難事件を解決していく姿はとっても爽快です。ぜひ!ご覧ください!

『SCORPION/スコーピオン』
海外ドラマ専門チャンネルスーパー!ドラマTV
2015年5月22日(金)22:00、独占日本初放送スタート

【二カ国語版】毎週金曜22:00
【字幕版】毎週金曜24:00ほか

■キャスト(日本語吹き替え)
ウォルター・オブライエン:エリス・ガベル/声:杉田智和、ペイジ・ディニーン:キャサリン・マクフィー/声:小林沙苗、ケイブ・ガロ:ロバート・パトリック/声:谷昌樹
トビ―・カーティス:エディ・ケイ・トーマス/声:福田賢二、ハッピー・クイン:ジェイディン・ウォン/声:田村聖子、シルヴェスター・ドッド:アリ・スティダム/声:原田晃

「SCORPION/スコーピオン」公式ホームページ(www.superdramatv.com/line/scorpion

(c)2015 CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真