• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

DAIGOに24時間テレビチャリティーマラソンランナーのオファー!26日生放送で決断

24時間テレビチャリティーマラソンランナーをオファーされたDAIGO

 8月22、23日(土・日)に放送される「24時間テレビ38 愛は地球を救う」(日本テレビ系)のチャリティーマラソンランナーとして、DAIGOがオファーされた。

 今年のマラソンでは、番組テーマの『つなぐ』にちなんだ新しい試みを導入することも発表。チャリティーマラソンがスタートする当日までの間、北は北海道、南は沖縄から「つなぎたい想い」のある一般の方を中心に、走るだけではなくいろいろな手段を用いて47都道府県をたすきでつなぐリレーを行い、24時間テレビ当日、マラソンスタート地点にそのたすきを届ける。マラソンランナーは、日本全国の熱い思いと汗の染み込んだ2本のたすきを肩に掛け、アンカーとして武道館のゴールを目指すというものだ。

 日本全国の思いが込められたたすきを掛けて走るのは誰なのか注目が集まる中、5月19日放送の「幸せ!ボンビーガール」で、“チャリティーマラソンで走っていただきたい方”をオファーする様子が放送された。

 番組MCの山口達也が「2015年『24時間テレビ』全国の皆さんの思いをつなぐチャリティーマラソンランナー、走っていただきたい方は…DAIGOさんです!」と発表した瞬間、突然のことに驚きのあまり、言葉が出ないDAIGO。

 発表前、スタジオに集結したゲストや水卜麻美アナらが“走るかもしれない理由”をまとめたVTRや、誰が走るかを予想する街の声をまとめたVTRが流れる中で、DAIGOは「ON=オレはない」「OZN=オレは絶対ない」という得意の表現方法や、「オレのVTRの尺は短かったし」と余裕の表情を見せていただけに、自分にスポットライトを当てられ「えっ?」と驚きの表情を見せた。さらにその後も、「体温が5度くらい一気に下がりました。自分はないと思っててリラックスしてました。マジっすか? オレっすか?」と、何度も聞き返す場面も。

 これを受け、番組メインパーソナリティーを務めるV6の長野博は「DAIGOさんはきっと受けてくれると思います。“意志の強さ”も感じますし、ぜひ“走る気持ち”を見せてもらえるとうれしいです」と、森田剛は「DAIGOさんは誰もが応援したくなるタイプですし、ぜひ走ってほしいです。もしオファーを受けることになったら、経験者としてできる限りサポートします」とコメントを寄せた。

 同じくメインパーソナリティーのHey!say!JUMPの山田涼介は「ご本人が一番びっくりしてらっしゃると思いますが、僕らも全く予想していなくて、まさかここでDAIGOさんだとは!と本当に驚きました」と、発表時は自身も事態が飲みこめず呆然としてしまったことを明かした。岡本圭人は「僕が指名されたわけではないのに、頭の中が真っ白になってしまいました。もしDAIGOさんがオファーを受けると決められたら、僕たちは15人という最多人数でのメインパーソナリティーなので、みんなで精一杯サポートしていきたいです」と語った。

 このオファーから5月26日(火)の「幸せ!ボンビーガール2時間スペシャル」生放送まで、DAIGOが家族や周りの人たちと相談の上、オファーを受けるかどうか決定する。その答え、そして決断までの過程の一部始終を番組スペシャル生放送で紹介する。

 道坂忠久総合プロデューサーも「DAIGOさんにはよく考えていただいて、ぜひこの初めての試みとなる責任の重いマラソンを引き受けていただけることを期待しております」とコメントしており、26日の生放送でDAIGOがどのように考え、どんな決断をするかに注目だ。

5月26日(火)後9:00~10:54
「幸せ!ボンビーガール2時間スペシャル」日本テレビ系にて生放送

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える