• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

EXILE・AKIRA、初の“消防団員役”で街のヒーローに!新ドラマ『HEAT』に主演

7月スタートのドラマ『HEAT』に主演するEXILEのAKIRA

 7月からスタートする消防団を舞台にしたドラマ『HEAT』で、EXILEのAKIRAが主演を務めることが発表された。

 AKIRA扮するタツヤは、不動産会社で都市計画を手がけるエリートビジネスマン。街を買収しようと素性を隠し消防団に入団するが、一般市民でありながら懸命に災害から住民を守ろうとする消防団員たちの姿を目の当たりにしたことで、街を救うヒーローへと変わっていく。

 共演には、普段は幼稚園の教諭として働くが、タツヤが入団した消防団ではリーダー的存在となる団員役に栗山千明、防災意識の低いタツヤと衝突することも多い消防士の隊長役に佐藤隆太が決定した。

 実際に祖父が消防署長をしていたという栗山は「敬礼を私にしてくれたのをすごく覚えているんです。これも何かの縁なのかなと思いますし、ドラマの中で体験できることをうれしく思います。(自身が演じる咲良の)ひたむきに一生懸命やってる姿に胸を打ってもらえたらと思います」と意気込みを。

 佐藤は「気付けば35歳になりまして、体を動かせるうち?(笑)にもう一度、ザッツ体育会系の作品に出られたらいいなと思っていたので、本当に良いタイミングで正直びっくりしました。全身でお芝居をすることが好きなので、まさに“自分が望んでいた作品に声をかけてもらったな”という感じです」と消防士役を楽しみにしている様子。「(タツヤとは)最初は激しく言い争う所から始まる2人の関係ですが今後いろいろと変化が生じていくと思いますし、そういった先を見据えた意味でも楽しみ」とAKIRAとの共演を語った。

 一見クールだが内に熱い心を持ち「自分の利益が第一」と信条を掲げるなど、タツヤという“ダークヒーロー”に初挑戦するAKIRAは「熱血ではなく、熱さを心に秘めた男ですね。言葉の熱さというよりは絶対にあきらめない姿勢から、タツヤの熱さを感じてもらえたらと思います。良い面も悪い面もタツヤの全てをさらけ出すことで、“我に返ると私もそうかも”“自分も改めないと”と共感してもらいつつ、見てくださる方にとって鏡のような存在でありたいですね。消防団との出会いによって、タツヤの揺れる心や進化していく様子を感じでもらえたらと思います」とコメントした。

 さらに今回、総務省消防庁、東京消防庁の全面協力の下、実際に俳優陣も都内の消防学校でさまざまな実技訓練を経験。ドラマ内で描かれるシーンも、よりリアリティを増し見ごたえのある内容となっている。

 普段は生業を持ちながら、地域のため消防・防災を行う非常勤特別職の“消防団”にドラマとしても初めてスポットを当てた今作。それぞれの立場で熱い信念を持つ彼らが、ぶつかり合いながらも互いに影響を与え合っていく姿に注目だ。

 7月ドラマ『HEAT』(フジテレビ系)は、毎週(火)後10・00より放送。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える