• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

松岡茉優「来世は芸人さんに」『ENGEIグランドスラム』でゴールデン帯MC初挑戦

『ENGEIグランドスラム』MCのナインティナインと松岡茉優

 ナインティナイン、松岡茉優がMCを務める新しいお笑い番組『ENGEIグランドスラム』がスタートする。

 番組では、漫才、コント、ピン芸、リズム芸など、すべてのジャンルにおいて、人気と実力を兼ね備えた芸人たちがネタを披露する。5月30日(土)に第1弾を放送し、今後は特番として放送していく予定。

 司会を務めるのはナインティナイン(岡村隆史、矢部浩之)と、ゴールデン帯番組MCに初挑戦する女優・松岡茉優。ナインティナインと松岡は初共演となる。

 また、HIPHOPグループ・RIP SLYMEの最新曲「JUMP」が、番組全体の中で随所に使われるほか、「STEPPER’S DELIGHT」 「FUNKACTIC」「Good Times」といったRIP SLYME往年の代表曲で、独自の空気感をを演出する。さらに、芸人呼び込みのナレーションをRYO-Zが務める。

■MCインタビュー

――収録の感想をお願いします

矢部浩之「格好良かったです。実力ある方たちばかりなので、近くで見られて楽しかったです。オファーをいただいたときに、“ネタをしなくていいよね”と確認しました(笑)。“しなくていいで す”と言われたので、有り難いことにMCをさせていただいています」

岡村隆史「全コンビ面白かったです。一組くらいスベったらええのに、くらいの気持ちでいましたが (笑)、全組爆笑で、さすがコンテストの優勝者ばかりだなと、感動しました」

松岡茉優「心から幸せな時間でした。私は一生かかっても、この芸人さんが登場してくるセリから上がれないんだなと思うと、来世は芸人さんになってこういう番組でセリから上がって来たいと思いました(笑)」

――印象に残っている芸人さんは?

矢部「バカリズムですね。今までのネタを壊しにいっていたというか。それが見事にお客さんにハマって大爆笑でしたので、印象に残っています」

岡村「ナイツですね。面白かったです。完成度高いネタだったなと思いました。あとはどぶろっくのライブですね」

松岡「お芝居をする人間として、東京03さんが気になりました。盛り上がっているお客さんが息をのんで静かになってしまうくらい怖い空間が出来上がって、そこからガンガン崩していかれるネタで、腰がくだけるほど笑いました」

――ゴールデン帯でネタ番組が始まることについてどう思いますか?

矢部「劇場に出ていたり、常にネタをやっていたりする芸人さんは出演したい番組だと思います。矢野・兵動と博多華丸大吉は同期なので、“(僕らはネタをしないので)ごめん”と謝っておきました(笑)。二組とも格好良かったです。さすがでした」

――松岡さんのお笑いブームはいつですか?

松岡「『エンタの神様』(日本テレビ)ですね。小学生の頃にずっと見ていました。いつか(『エンタの神様』司会の)白石美帆さんみたいになりたいと思っていたので、今日は白石さんを意識して肩を出した衣装にしてみました。夢が一つかないました」

――松岡さんとの初共演はいかがでしたか?

岡村「僕はバリバリ『あまちゃん』(NHK)を見て、毎日元気もらっていましたから。もう2年前の話ですし、言おうかどうか迷っていたんですけ ど、華丸くんは“じぇ!”と堂々と声かけていました(笑)。今回ご一緒できて良かったです」

――視聴者へのメッセージをお願いします

松岡「お笑いファンの皆さまが、お腹いっぱいになるステージが繰り広げられるので、芸人さんの名前を見ながら、放送を楽しみに待っていただければと思います」

岡村「お笑いの方たちが自分の一番面白いと思うネタをこの番組にぶつけてくれるので、ぜひテレビの前で笑っていただければと思います」

矢部「今後も特番として放送していく予定なので、ぜひご覧ください。僕らはネタをしません (笑)」

松岡「お笑いファンとしてはお二人がこのセリから上がってくる奇跡の日が見られるのを楽しみにしています」

矢部「そんな言うたらアカンて! そっとしておいてください」

■RYO-Z(RIP SLYME)コメント
「大変非常に超楽しみです! 個人的に好きな芸人さんばかりのこのラインナップに、リップとして楽曲提供させていただけてものすごく光栄です。僕はナレーションでサイドキックもしてるんで、皆さんもオンエアを楽しみにお待ち下さい」

土曜プレミアム『ENGEIグランドスラム』
フジテレビ系 5月30日(土)後9・00~11・10放送

■出演者
MC:ナインティナイン(岡村隆史、矢部浩之) 松岡茉優

ネタ披露芸人:
【漫才】※五十音順
ウーマンラッシュアワー(THE MANZAI2013 優勝)
オードリー(M-1グランプリ第八回 準優勝)
サンドウィッチマン(M-1グランプリ第七回 優勝)
ナイツ(THE MANZAI2011 準優勝)
NON STYLE(M-1グランプリ第八回 優勝)
博多華丸・大吉(THE MANZAI2014 優勝)
爆笑問題(2012年喜劇人大賞 特別賞受賞 ほか)
パンクブーブー(M-1グランプリ第九回 優勝/THE MANZAI2011 優勝)
ブラックマヨネーズ(M-1グランプリ第五回 優勝)
フットボールアワー(M-1グランプリ第三回 優勝)
矢野・兵動(第44回上方漫才大賞 大賞 ほか)
笑い飯(M-1グランプリ第十回 優勝)

【コント】※五十音順
TKO(キングオブコント 最多決勝進出)
東京03(キングオブコント2009 優勝)
日本エレキテル連合(新語・流行語大賞2014 年間大賞)
ピース(キングオブコント2010 準優勝)
ロバート(キングオブコント2011 優勝)

【ピン】
バカリズム(R-1グランプリ 最多決勝進出)

【音ネタ】
どぶろっく(2014年上半期ブレイクした芸人ランキング1位)

番組テーマ曲:RIP SLYME 「JUMP」(WARNER MUSIC JAPAN/unBORDE) ※CD発売未定

スタッフ:
演出・チーフプロデューサー:藪木健太郎
チーフプロデューサー:中嶋優一
プロデューサー:朝妻 一/稲冨 聡(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
AP:小澤慧里子
演出:原 武範/筧 大輝
ディレクター:新井孝輔/安部聖之
FD:飛田竜平
構成作家:小笠原英樹/大平尚志/酒井義文/長谷川 優/藤井直樹

番組公式サイト(http://www.fujitv.co.jp/engei/

制作著作:フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える