• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

2本のロープで“子供たちのヒーロー”に…プロダブルダッチ アーティスト・NOBUの熱い思いに迫る

プロダブルダッチ アーティスト・NOBU

 5月24日(日)に放送されるドキュメンタリー番組 「情熱大陸」(MBS/TBS系全国ネット 後11・00~11・30)は、プロダブルダッチ アーティスト・NOBUに密着する。

 弧を描いた2本のロープをリズミカルに乱れ飛ぶ、音楽とダンスが融合したスポーツのダブルダッチ。NOBUはプロのダブルダッチアーティストとして、世界最高峰のサーカス「シルク・ドゥ・ソレイユ」に4度の出演を果たすなど、日本のみならず世界で活躍している。

 しかし、競技人口は10万人ほどで、決して人気競技とは言えないダブルダッチだけで生計を立てられる者は皆無に等しい世界。安定を求め、プロの道を断念せざるを得ない者さえいるなかでNOBUは「仲間と一緒なら、夢は叶う。僕たちなら絶対にできる」と訴え続けている。

 番組では、ミラノ万博でNOBU率いるダブルダッチチーム「CAPLIORE」がシルク・ドゥ・ソレイユの特別ショー「ALLAVITA!」に出演した模様を放送。開催期間中には2000万人が訪れると言われる世紀の祭典でパフォーマンスする姿のほか、幅広い層から人気のある漫画「ONE PIECE」の主人公・ルフィのように「子供たちを笑顔にし、夢を与える存在になりたい」と願う、NOBUの熱い思いに迫る。

NOBUプロフィール
1981年2月17日生まれの東京都出身。
大学浪人時代にダブルダッチと出会い、1999年にダブルダッチチーム「CAPLIORE(カプリオール)」を結成する。
日本体育大学に進学後、本格的にダブルダッチを始める。
2004年の第4回、2006年の第5回と、2大会連続でFISAC世界選手権優勝など、国内外の大会で多くの功績を残す。
2012年、念願のシルク・ドゥ・ソレイユに初出演。
今回の2015年ミラノ万博特別公演「ALLAVITA!」は4度目の出演となる。
世界各国のサーカスにも多数出演し、現在も活躍の場を広げている。
夢は「ダブルダッチで子供たちのヒーローになること」。

「情熱大陸」
公式サイト(http://www.mbs.jp/jounetsu/
公式Facebook(https://ja-jp.facebook.com/jounetsutairiku
公式Twitter(https://twitter.com/jounetsu

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真