• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ジョージ・クルーニーがジャパンプレミア登場!ジョーク連発で志田未来困惑!?

映画「トゥモローランド」ジャパンプレミア

 映画「トゥモローランド」のジャパンプレミアが行われ、ジョージ・クルーニーブリット・ロバートソンラフィー・キャシディブラッド・バード監督、志田未来が登壇した。

 8年ぶりの来日となるジョージは、新妻アマル・アラムディンと共にレッドカーペットに登場。丁寧にファンサービスに応じるほか、妻の弟夫妻も招き写真撮影に臨むなど、ご機嫌な様子だった。

 ブリット演じる少女・ケイシーの日本語吹き替えを担当する志田が挨拶をすると、「ちょっと一言いいですか?」とジョージ。「彼女は新星のような素晴らしい女優さんなので、一緒に映画に出たい」と続けると、突然のオファーに「ありがとうございます」と志田は驚きを隠せない様子だった。

 また、上機嫌なジョージは志田に「私の声も担当してくれてありがとう。本当に素晴らしい吹き替えだったよ」とジョークを飛ばし会場の笑いを誘った。さらにジョージは、「ディズニーと先ほど話をしたが、この映画を見た人全員に日本酒が1本プレゼントされます」と語り、またしてもジョークで会場を沸かせた。

 先日アメリカで行われた本作のワールドプレミアに参加した志田は、「前回は本当に緊張して話もできなかったのですが、今日は少しですが皆さんと会話もできて楽しい時間を過ごさせていただきました」とキャストらとの再会に喜びの表情を浮かべた。ジョージは「ディズニーの日本酒があるからリラックスできます」とここでも場を和ませた。

 本作についてブラッド監督は、「今まで手掛けたことのないような作品に仕上がっている。まるで5本の映画を1本にまとめたような内容で、ミステリー、SF、ロードムービー、冒険、おとぎ話の要素もある。この1本でずいぶん節約できると思うよ(笑)」とユーモアを交え解説。

 最後にジョージは、「トキオ、ダイスキ!」と日本語で語るほか、フォトセッションではわざと後ろを向いてみせるなど、最後までお茶目な姿を見せた。

「トゥモローランド」は、ウォルト・ディズニーが遺した最大の謎を解き明かすミステリーアドベンチャー大作。世界のどこかにあるという、すべてが可能になる理想の場所・トゥモローランドをめぐり、冒険に憧れる少女・ケイシー(ブリット・ロバートソン)と唯一トゥモローランドの存在を知る男・フランク(ジョージ・クルーニー)、そして2人を引き合わせトゥモローランドへと導く謎の少女・アテナ(ラフィー・キャシディ)が大冒険の旅に出る。

「トゥモローランド」
6月6日(土)公開
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

(C)2015 Disney Enterprises, Inc. All rights reseved.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える