• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

まさかの2本立てドラマ化!「となりの関くんとるみちゃんの事象」7月スタート

「となりの関くん」

(c)Takuma Morishige

 大人気コミック「となりの関くん」と、業界で大注目の「るみちゃんの事象」が、実写ドラマ化されることが決定した。

 「となりの関くん」は、累計発行部数320万部突破(2015年4月現在)の大人気コミック(KADOKAWA メディアファクトリー「月刊コミックフラッパー」連載)。机の上で奇想天外な遊びを展開する謎の男子生徒・関くんの姿を、隣の席でハラハラしながら見守る女子・横井さんからの視点で描くシュールコメディで、昨年放送されたアニメ版も人気を博した。

 「るみちゃんの事象」は、趣味・特技は脱臼、好きな男子のタイプは「ようすけ全般」…という、ちょっとふしぎな女子高生・るみちゃんの日常を描くギャグコミック(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載)。

 今回、この2作品が2本立てで実写ドラマ化。ドラマ「となりの関くんとるみちゃんの事象」として、7月よりMBS、TBS深夜枠ほかにて放送される。「となりの関くん」の演出は細川徹、平林克理、「るみちゃんの事象」の演出は月川翔、深迫康之が担当する。

 「となりの関くん」原作者の森繁拓真は、「ドラマ化の企画を頂いた時、うれしさとともにあった不安は、細川監督のさまざまな作品に触れてたちまち安心に変わりました。きっと夜の疲れを吹き飛ばす楽しいひと時が生まれると思います。また同枠作品のヒロインの名前が同じ偶然に不思議な縁を感じます。『すーぱーるみちゃんアワー』ご期待ください!」と実写ドラマ化に期待を寄せている様子。

 「るみちゃんの事象」原作者の原克玄は、「るみちゃんの事象ドラマ化、うれしい限りです。ただ僕ん家はまだ箱形のブラウン管テレビでしてどうにかそこに放送してくれ、と頼んだのですが無理みたいなのでこれを機にどうせなら一番薄いテレビを買おうかと思います」とコメントを寄せた。

ドラマ「となりの関くんとるみちゃんの事象」
2015年7月よりMBS、TBS深夜枠ほかにて放送

放送局:MBS、TBSほか30分×全8話

「となりの関くん」
原作:森繁拓真「となりの関くん」(KADOKAWA「月刊コミックフラッパー」連載)
演出:細川徹、平林克理
脚本:細川徹
制作:ダブ
製作:ドラマの関くん製作委員会・MBS

公式HP:http://www.drama-sekirumi.com

(c)2015森繁拓真・KADOKAWA刊/ドラマの関くん製作委員会

「るみちゃんの事象」
原作:原克玄「るみちゃんの事象」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載)
演出:月川翔、深迫康之
脚本:月川翔
制作:ダブ
製作:るみちゃんのドラマ製作委員会・MBS

公式HP:http://www.drama-sekirumi.com

(c)2015原克玄・小学館/るみちゃんのドラマ製作委員会

(c)Takuma Morishige
(c)原克玄/小学館

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真