• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

梶裕貴「筆の勢いを感じながら体感できる」アニメ版声優陣起用で「進撃の巨人」ムービーコミック化

「Beeマンガ 進撃の巨人」

 全世界累計発行部数5000万部を超える諫山創原作の大人気コミック「進撃の巨人」が映像配信サービス「dTV」でムービーコミック化され、6月1日(月)より独占配信される。

 マンガをコマ割りして動かし、セリフを吹き込んだBeeマンガ。今回配信される「進撃の巨人」では、原作コミックの1巻から4巻までに収録された全14話をムービーコミック化する。

 主人公エレン・イェーガーの声を担当したのは、TVアニメシリーズで多くのファンから支持を集めた人気声優の梶裕貴。エレンの幼なじみで、常にエレンと行動を共にするミカサ役には石川由依、同じく主人公エレンの幼なじみで主要キャラクターのひとり、アルミン役を井上麻里奈が務めるなど、TVアニメシリーズで人気を集めた豪華声優陣が再び勢ぞろいした。

 dTVでは、「Beeマンガ 進撃の巨人」の配信をはじめ、8月には実写版映画を配給する東宝映画とパートナーシップを組み実現した大型連動企画であるオリジナル実写ドラマの配信が決定。配信中のTVアニメシリーズに加え、6月20日(土)から劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~のレンタル(個別課金)も開始する。

「Beeマンガ 進撃の巨人」キャストコメント

■梶裕貴(エレン・イェーガー役)

Q.ムービーコミックの本作でセリフを吹き込んでみて、いかがでしたか?

A.あらためて壮絶な作品だなと感じました。一度アフレコしたシーンを再度演じることによって気付くこともあったりと、濃厚で充実した収録でした。アニメとは違った表現方法でも作品の持つパワーと迫力が伝わるように、魂を込めてお芝居させていただきました。

Q.ムービーコミックならではの見どころを教えてください。

A.原作の絵柄のまま、諫山先生の筆の勢いを感じながら作品を体感できる素敵な機会だと思います。劇場版・後編、そして第二期に向けて、再度、このムービーコミックで本作品の魅力を感じていただきつつ、これからも応援していただけるとうれしいです。よろしくお願いします。

■石川由依(ミカサ・アッカーマン役)

Q.ムービーコミックの本作でセリフを吹き込んでみて、いかがでしたか?

A.アニメで一度演じたシーンを、2年の時を経て再度演じるのは、不思議な気分でした。しかも私も何度も何度も読んだ、あの漫画に声を吹き込むことができるなんて、うれしいです!漫画とアニメでは違う部分もあり、流れが異なるところなどは、アニメの時と全く同じように演じるのではなく、漫画の絵や流れにあった芝居ができるよう心がけました。諫山先生の絵は迫力があるので、その絵に負けないものを、声でお届けできたらと思います。

Q.ムービーコミックならではの見どころを教えてください。

A.「進撃の巨人」は、原作ファンの方も多いと思います。時間に限りのあるアニメには含まれなかった、あんなシーンやせりふなどなど、そのすべてを声つきで読めるのはココだけ!アニメしか観たことがないという方も、原作の漫画を読むきっかけになるといいなと思います。今回Beeマンガで収録させていただいたのは14話までなので、劇場版後編を見る前に、復習として読むにもぴったり!(笑)。劇場版「進撃の巨人」もBeeマンガも、合わせて楽しんでいただけたらうれしいです。

■井上麻里奈(アルミン・アルレルト役)

Q.ムービーコミックの本作でセリフを吹き込んでみて、いかがでしたか?

A.まさかあの演説シーンをもう一度演じる事になろうとは思いもしませんでした(笑)。アニメと違って掛け合いではなくゲームのように自分の台詞のみを録っていったのですが、ヒントとなる絵があるので自分の感じるまま、自分の間で演じていきました。あらためて演じてみて本当に熱量を必要とする作品だと実感しました。

Q.ムービーコミックならではの見どころを教えてください。

A.アニメはアニメならではの構成でお届けしていましたし、かなりオリジナルのシーンも含まれていました。原作ファンの方はきっと満足頂けるものになっていると思います。

「Beeマンガ 進撃の巨人」
配信開始日:6月1日(月)
配信話数:全14話 土曜日更新
原作:諫山創「進撃の巨人」(講談社『別冊少年マガジン』連載)
声の出演:梶裕貴、石川由依、井上麻里奈 他
主題歌:Linked Horizon「紅蓮の弓矢」(ポニーキャニオン)
協力:講談社 週刊少年マガジン編集部
制作:東通
製作:BeeTV

URL:http://video.dmkt-sp.jp/ft/s0000778 

(c)諫山創・講談社/BeeTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える