• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「自分で4票入れました」AKB48横山由依が『いろどり日記』イベントに登場

DVD&Blu-ray『ゆいはんの夏休み~京都いろどり日記~』の発売記念イベントに登場した横山由依

 AKB48の横山由依が京都のさまざまな場所・人の魅力を、日本古来の色になぞらえて伝える関西テレビの番組『横山由依(AKB48)がはんなり巡る 京都いろどり日記』(毎月1回・水曜深夜放送中~)から発売されたDVD&Blu-ray『ゆいはんの夏休み~京都いろどり日記~』の発売記念イベントが5月31日、関西テレビにて開催。DVD・Blu-rayの購入者の中から抽選で招待されるというもので当選したファンが会場に詰めかけた。

 薄紫色の艶やかな着物姿で登場した横山は、番組・DVDでもナレーションを担当している林弘典アナウンサー(関西テレビ)とのトークショーに臨んだ。スライドで番組を振り返りながら普段の番組撮影の様子やロケの裏話などが語られ、ファンからの質問コーナーや、番組にちなんだクイズ大会なども行われた。

 撮影の際の意気込みを尋ねられた横山は「こういうと、怒られるかもですけど、全然意気込んでない(笑)。心から楽しい気分で旅行に行くみたいに来るので、月に1回のロケを『あー、息抜きできるー! 楽しい~!』と思ってやってます。スタッフも登場される地元の方々も優しくていい人たちばかりなので、和やかにやってるんですよ」と本音をぶっちゃけた。次々に投影される場面に食べ物ばかりが登場し、「京都のいいところを紹介するはずが、食べ物の番組になってる。いよいよ色の番組だというのを忘れてきてる(笑)」と苦笑い。だが、来場したファンの中には、番組で紹介されたお店や名所を訪れたという人が多く、「あ、行かれましたか? あの親子丼ほんまにおいしいですよね」とファンも交えてトークショーは大いに盛り上がった。

 最後は、来場者全員との記念撮影を行い、『楽~な気持ちでやっていけたらと思いますので、これからも楽しんでいただけたら。本当におすすめのところばかり行っているので、ぜひみなさんも足を運んでみてください。これからも応援よろしくお願いします』と締めくくった。

 イベント終了後には囲み取材が行われ、イベントを終えた感想を尋ねられた横山は、「アットホームな感じで、ファンの皆さんも温かい雰囲気で、ただただ自分が喋りたいことを喋って、心から楽しいイベントでした。普段のAKB48のときよりもリラックスできている感じがして、いつもは感じていなかったけど、コンサートとかは気を張っていたんだな…と気づくことができました。最近は、“まとめないと、まとめないと”とか思ってちょっと自分が窮屈になっていたのかなと思えたので、こういうほっとするイベントがあったのが今の自分にとってもすごくタイミング的にも良かったですね」と語った。

 6月6日に開票されるAKB48グループ総選挙については、「自分ではまだプレッシャーだったりとか、どうなるかは見えていないのでわからない部分が多いですけど、このイベントで気を張っていたことに気づけたので、もっと力を抜いていいのかなという気がしたので、メンバーに頼りつつ自分のペースで新しいAKB48ができたらいいな」と。

 速報で20位と出遅れたことについては、「危機感は感じていて、不安はすごくあったので、とりあえず速報のあとに自分でモバイルサイトに登録して、自分に4票入れました(笑)。あとは、ファンの方が『大丈夫だよ』「信じて」と言ってくださるので、ファンのみなさんを信じて、どんな順位になろうともそれを受け止めて自分に活かしてやっていきたい。あとは当日が楽しみですね」。

 最後に、これから番組で行ってみたい、やってみたいことを尋ねられると「集大成になったら金閣寺にいってみたいです。何度も言ってるんですけど、本当にまだプライベートでも行ったことがなくて。本当に集大成のときでいいので実現したいですね」と、改めて金閣寺にラブコールを送っていた。

「横山由依(AKB48)がはんなり巡る 京都いろどり日記」次回放送は、6月17日(水)深夜2:25~3:25(テーマ【京の食堂】/学生が多い街・京都ならではの、街の食堂巡り)。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える