• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

宮野真守「Legend2を存分に味わって」新劇場版「頭文字D」で熱いバトル再び

『新劇場版「頭文字D」Legend2-闘走-』舞台挨拶に登場した宮野真守(右から2人目)ら

『新劇場版「頭文字D」Legend2-闘走-』舞台挨拶が行われ、藤原拓海役の宮野真守、高橋啓介役の中村悠一、高橋涼介役の小野大輔、武内樹役の白石稔、中智仁監督、松浦裕暁(サンジゲン代表・CGクリエイティブプロデューサー)が登場した。

 壮絶な公道最速バトルを通して“走り屋”たちの青春群像を描いた、しげの秀一原作の『頭文字D』は、1995年から18年間にわたって「ヤングマガジン」(講談社)に連載され、TVアニメ・実写化もされている。今回の劇場版は新3部作で、Legend2はその第2弾。

 映画について聞かれると、宮野は「今回も、ものすごく熱いバトルが展開されたので、もうワクワクして観ていました。拓海としては “覚醒”のときに生まれた思いが、今回の“闘走”でより盛り上がっていくというお題だったので、自分としてもかなり気持ちがこもったお芝居になったんじゃないかなと思います」と自信を見せた。

 中村が「啓介は前作で戦って、今回は違う視点から物語を見つめるポジションになっています。感性で走るタイプだった啓介が、拓海と戦っていろんなことを吸収し『頭良くなったのかな』って、僕は解釈しました。少し理論的な部分で兄貴(高橋涼介)と会話できるようになりましたね」と言うと、小野も「そうだね。“覚醒”のとき、涼介が『お前に理論が加わったら、敵がいない』って言っていたもんね」と同意した。

 最後に宮野は「『頭文字D』はどんどん世界に発信していっている作品なので、これからも大注目だと思います。何より僕自身が拓海を演じていて楽しいですし、全力で演じたいという気持ちでいっぱいです。今はLegend2を存分に味わっていただき、Legend3にも期待していてください」と。小野も「啓介とは逆に涼介はここから火がつきはじめ、Legend3では涼介が戦います。僕も熱い気持ちで取り組みますので、皆さんも熱い気持ちで見守ってください」と熱い思いを語った。

『新劇場版「頭文字D」Legend2-闘走-』は、大ヒット上映中。

配給:松竹
新劇場版「頭文字D」公式サイト(http://www.initiald-movie.com/

(C)しげの秀一/講談社・2015新劇場版「頭文字D」L2製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真