• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

EXILE AKIRA「これからは誰かのために舞っていきたい」青柳翔、小林直己と島根県を熱くPR

『ご縁の国しまね』プロモーション プレス発表会(左から)小林直己(EXILE、三代目J Soul Brothers)、EXILE AKIRA、青柳翔(劇団EXILE)

『ご縁の国しまね』のプロモーション プレス発表会が6月3日(水)に行われ、イメージキャラクターを務める、青柳翔(劇団EXILE)、EXILE AKIRA、小林直己(EXILE、三代目J Soul Brothers)が登壇。ポスタービジュアルとプロモーション映像が解禁された。

 島根県の印象は“日本の故郷”というAKIRAは「文化の香りがするイメージがある。人情や伝統を大切にしながら、さまざまな技術の歴史を次の世代に伝えしていくという面では、僕たちEXILEも先輩方からさまざまな精神や魂を受け継ぎながら、いつか次の世代に伝えていきたい」と感慨深い表情を見せた。

 事前に島根について調べたという小林は「色んな物事の発祥の地であることを知って驚きました。相撲や歌舞伎という日本文化の発祥の地であるということは日本人としてのルーツを感じられる場所なのではないかと思い、すごく興味を持ちました」と島根の歴史に魅了された様子。

 青柳は2013年に公開された島根県の隠岐を舞台にした映画「渾身」で主演を務めており「自然が本当に豊か。住んでいる方たちもその自然を大切にしていて、自然と共存しているイメージが強いですね。映画の撮影にも協力してくださって、本当に人が良くて温かく迎えてくださった」と当時を振り返った。

 映画「渾身」を見たEXILE HIROが隠岐の美しさに感激し、GENERATIONS from EXILE TRIBEの「Always with you」のMVのロケ地にもなったそうで「島の方々から“EXILE来てるの?”というメールが着たんですけど、僕はわからなかったので“わかんない”って言ったんです(笑)。そしたら、後日GENERATIONSの白濱亜嵐から島での写真がメールで送られてきました」と青柳が裏話を明かした。

 AKIRAは昨年のEXILEのライブで島根県芸能“岩見神楽”をパフォーマンスに取り入れており「ダンスは自分のために踊ることが多いんですけど、舞は人々の幸せを願ったり、神様に奉納するために行われてきたもの。そういった意味で僕たちのやっているエンターテインメントが誰かのためになっているという思いで、これからは舞っていきたいなと感じました」とダンスへの思いを語った。

 また、2016年公開予定の島根県を舞台にした映画「たたら侍」のメインキャストでもある3人。「HIROさんの初プロデュース映画ということもあって、ものすごく責任を感じていますが、先輩のAKIRAさん直己さんにお力沿いをいただいて、必ずニッポンが誇れる映画になるように集中して望みたい」(青柳)、「錦織良成監督とご一緒させていただけるのはすごく光栄だなと思います。ぜひ錦織イズムを注入していただき、僕自身も自分の表現や型から島根の暖かさや奥深さ、強さを表現していけるように頑張りたい」(AKIRA)、「映画にはずっと挑戦してみたかったので、一生懸命挑戦したいなと思います。錦織監督の背中にしっかりとついていって、普段から共にやらせていただいているAKIRAさんや青柳と一緒に切磋琢磨していけたらいいなと思います」(小林)と、それぞれ意気込みを語った。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える