• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

足立梨花主演でMayJ.最新曲の世界観がショートフィルムに 『ブーケなんていらない!』配信開始

足立梨花主演『ブーケなんていらない!』

 アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」(SSFF&ASIA)が6月4日に開幕した。

 俳優の別所哲也が立ち上げた本映画祭。17回目を迎える今年は、東京(5会場)・横浜(1会場)で開催され、上映は6月14日(日)まで、グランプリは6月15日(月)のアワードセレモニーで発表される。グランプリ作品が米国アカデミー賞短編部門のノミネート選考対象作品となる「オフィシャルコンペティション」をはじめ、6つの部門とその他の特別プログラムで構成されている。今年は、世界100以上の国と地域から集まった約5,000本の作品から厳選した約200作品を上映する。

 映画祭の幕開けを飾るオープニングセレモニーでは、日本のショートフィルム文化の発展・普及に貢献した作品・人物に贈られる「話題賞」、メディア、映像業界において、特別な貢献をした作品・人物に贈られる「特別賞」、映像を通して地球環境保護の啓蒙に貢献した作品・人物に贈られる「地球を救え部門!」の「J-WAVEアワード」および「環境大臣賞」、短編小説を公募し、ショートフィルム化する「ブックショートアワード」の計5つの賞の発表と授賞式が行われた。

 話題賞は、パラパラ漫画が日本国内のみならず海外でも高い評価を得ている鉄拳に決定し、3年ぶりとなるオリジナル最新作『SLIDE』をプレミア上映。特別賞は、異色のコラボレーションで話題となった、ももいろクローバーZvsKISS『夢の浮世に咲いてみな』に贈られ、二組からのビデオメッセージが上映された。

 さらに、MayJ.の最新曲「Loveistough」の世界観をモチーフにUULA(読み:ウーラ)とShortShortsが共同製作し、足立梨花が主演を務めたショートフィルム『ブーケなんていらない!』の完成発表が行われた。その他、地球を救え部門!の審査員、岩田ユキ、田中律子、堀潤、ルー大柴、フェスティバルアンバサダーのLiLiCo、セレモニー後に実施された、短編オムニバス『家族ごっこ』舞台挨拶&上映会に先立ち、斎藤工、鶴田真由をはじめとするキャスト・監督、「ブックショートアワード」のプレゼンターとして筧美和子も登場するなど、映画祭のオープニングにふさわしい豪華顔触れが会場を彩った。

 足立梨花主演のショートフィルム『ブーケなんていらない!』はUULAで独占先行配信中。

「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」

■話題賞:鉄拳
日本のショートフィルム文化の発展・普及に貢献した作品・人物に贈られる賞

■特別賞:ももいろクローバーZ vs KISS『夢の浮世に咲いてみな』
ショートフィルムを通じて、メディア、映像業界において、特別な貢献をされた作品・人物に贈られる賞

■第一回ブックショートアワード
『HANA』結城紫雄(原作:『鼻』芥川龍之介)

■地球を救え!部門
優秀賞(環境大臣賞):『私の大好きな樹』(Once Upon a Tree) Marleen van der Werf / オランダ/ 14:40 / ドキュメンタリー/ 2014

J-WAVEアワード:『蛍のいる風景』(BRILLIANT DARKNESS: HOTARU IN THE NIGHT) Emily Driscoll / アメリカ/ 12:03 / ドキュメンタリー/ 2015

『ブーケなんていらない!』(Don’t give us bouquet!)
アベラヒデノブ/ 日本/ 20:00 / ミュージックShort / 2015
♪May J. 「Love is tough」

同級生の結婚式で再会した大学時代の親友の女子4人組。結婚式でブーケを手にし、酔った勢いでそれぞれ想いを寄せる相手に告白することに。それぞれの恋に決着をつけるはずが、彼女たちを待ち受けていたのは…。

■出演:足立梨花・中村有沙、丹羽咲絵、柳生みゆ・松村龍之介・木下隆行

■監督:アベラヒデノブ
アメリカ合衆国・ニューヨーク州出身の映画監督、俳優・監督・主演『死にたすぎるハダカ』ファンタジア国際映画祭(カナダ・モントリオール)、福井映画祭グランプリ・監督・主演『欲求不満おんせん?』池袋映画祭グランプリ・主演『大童貞の大冒険』TAMA NEW WAVEゲストコメンテーター男優賞・主演『あの娘はサブカルチャーが好き』など

特設サイト(http://uula.jp/sp/ssff

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える