• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

堤真一、戸田恵梨香、森田剛出演の新ドラマ『リスクの神様』追加キャスト発表

『リスクの神様』に出演する古田新太

 堤真一、戸田恵梨香、森田剛出演のフジテレビ7月スタートの新ドラマ『リスクの神様』の新たなキャストが発表された。

 本作は、企業による不祥事や、痴漢冤罪、不倫騒動などの個人間のトラブルなどに巻き込まれた企業や、個人、そしてその家族を救う、危機管理専門家たちの活躍を描く物語。業界内で“the God of risk”(リスクの神様)とウワサされる伝説の危機管理専門家で、日本最大の商社・サンライズ物産の危機対策室長として雇われることとなった物語の主人公・西行寺智(さいぎょうじ・さとし)を堤真一、危機対策室で西行寺と共に働くことになるヒロイン・神狩かおり(かがり・かおり)を戸田恵梨香、西行寺の頼れる右腕として活躍する結城実(ゆうき・みのる)を森田剛が演じる。

 今回新たに出演が発表されたのは、古田新太、志賀廣太郎、山口紗弥加、満島真之介、吉田鋼太郎、小日向文世の6名。

 古田が演じるのは、西行寺の切り札として活躍するジョーカー的な存在、サンライズ物産・危機対策室調査主任・種子島敏夫(たねがしま・としお)。志賀は、ごくまれにトラブル解決の糸口を期せずして発見し、西行寺たちを助けることもある危機対策室副室長・財部栄一(たからべ・えいいち)。山口は、後輩・神狩かおりを応援し、かおりからの信頼も厚い広報部主任・橘由香(たちばな・ゆか)。満島は、かおりの恋人で、サンライズ物産・薬品部主任の原田清志(はらだ・きよし)。吉田は、アメリカから西行寺を呼び寄せ、社内に危機管理対策室を開設したサンライズ物産社長・坂手光輝(さかて・みつき)。小日向は、ことごとく坂手社長と対立するサンライズ物産・専務・白川誠一郎(しらかわ・せいいちろう)を演じる。

 本格社会派ドラマ『リスクの神様』で、堤、戸田、森田と演技派俳優陣がどんな演技を見せてくれるのか、放送スタートが待ち遠しい。

『リスクの神様』

7月スタート
フジテレビ系 毎週(水)後10・00~10・54

キャスト:堤真一、戸田恵梨香、森田剛、古田新太、志賀廣太郎、山口紗弥加、満島真之介、吉田鋼太郎、小日向文世 他

脚本:橋本裕志(『LEADERSリーダーズ』、『潜入探偵トカゲ』、『運命の人』など)
企画:成河広明(映画「エイプリルフールズ」、『デート~恋とはどんなものかしら~』、『リーガルハイ』、『遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~』シリーズなど)
加藤達也(『SMOKING GUN~決定的証拠~』、『リーガルハイ』シリーズなど)
プロデュース:髙丸雅隆(『大使閣下の料理人』、『ストロベリーナイト』シリーズなど)
演出:石川淳一(『リーガルハイ』シリーズ、『遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~』、『ストロベリーナイト』、『謎解きはディナーのあとで』、『ジョーカー 許されざる捜査官』など)
制作:フジテレビ、共同テレビ
制作著作:共同テレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える