• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

槇原敬之「新曲『超えろ。』は僕から皆さんに贈る応援ソング」

『ゆうがたLIVEワンダー』MC陣と槇原敬之(左から2人目)

 5月27日に発売された槇原敬之の新曲「超えろ。」が6月8日付のオリコンランキングで初登場27位をマークした。

 新曲は3月30日から関西テレビでスタートした夕方の情報ニュース番組『ゆうがたLIVEワンダー』(毎週(月~金) 午後3・50)のテーマソング、さらに「超えろ。カンテレ」キャンペーンソングとして使用されており、槇原のホームタウン・大阪ではすでに耳にしている人も多いはず。

 槇原は「カンテレのニュース番組『~ワンダー』で、平日の夕方、関西の皆さんに僕の新曲『超えろ。』がお届けできていることをうれしく思っています。大阪のテレビ番組のテーマ曲を手掛けるのは、これが初めてだったので、めちゃくちゃ気合を入れて作りました」と書き下ろした新曲への思いを明かす。

 また、タイトルについては「僕の歴代の曲でタイトルの最後にマルを付けている曲は、『どんなときも。』と『超えろ。』だけなんです。それ以上もそれ以下もなく、言い訳がないという意味でマルをつけた特別な曲」という。

 力強い歌詞とメロディーが印象的だが、『~ワンダー』火曜日コメンテーター・織田信成は「アスリートにも響く歌ですね。“超えろ”っていうフレーズが自分に負けそうになった時などに、頑張らないといけないなという後押しになります」と曲のメッセージに力をもらっているんだそう。槇原本人も「新曲は僕から皆さんに贈る応援ソング。みなさんに僕からのエールが届きますように!」とメッセージを贈っている。

 MVにはファンクラブに入るほどの“槇原ファン”というチャンカワイが出演。立ちはだかるいくつもの困難を超え、長身のイケメン男性と挙式を行っている花嫁を強奪しに向かう…という、タイトルさながらの内容となっている。槇原本人も短いながら出演しているので、そちらにも注目だ。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える