• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

NAOTOが坂本真綾にサプライズ!『攻殻機動隊』25周年記念の青いバラを贈呈

『攻殻機動隊 新劇場版』完成披露上映会

 全世界に衝撃を与えた『攻殻機動隊』の生誕25周年記念作品『攻殻機動隊 新劇場版』の完成披露上映会が6月9日(火)に行われ、坂本真綾、塾一久、松田健一郎ら豪華声優陣に加え、ゲスト声優を務めたNAOTO(EXILE/三代目J Soul Brothers)が登壇した。

 本作が声優初挑戦となったNAOTOは『攻殻機動隊』の大ファンだったそうで「まさか初挑戦でこの歴史ある『攻殻機動隊』をやらせてもらえるとは…。リトルリーグの小学生のピッチャーがいきなり大リーグのヤンキースで投げるくらい信じられないこと。自分が大好きな作品に少しでも携わることができてとてもうれしく思います」と喜びを明かした。

 NAOTOが演じたのは、攻殻機動隊に権限を与える総理大臣の息子・藤本修という重要な役。「任務を与えるシーンは物語の核になる部分だと思うので責任重大だなと。セリフの面では人生において初めて発する言葉ばかりだったので、慣れない言葉をあたかも今までしゃべってきたかのようにしゃべるのは大変でしたね」と初アフレコの感想を語った。

 坂本演じる草薙素子については「個人的にも大好きなキャラクターで上司にしたい女性ナンバー1。仕事の面では頼れるし、どこかセクシーで女性的な面もあるので、上司にいてもらえたらうれしいなと思いますね」と理想の上司像を告白。

 しかし、劇中では草薙素子にフラれてしまう役柄。「僕はフラれているとは思ってないですけどね。草薙素子は一応自分に対して可能性を残してくれているのかな~と思ってますけども」と話すNAOTOに対し、坂本は「すごく親切にお断りしたと思っていたんですけど、ちょっと混乱なさっていたシーンだったのでね」と丁重にお断り。「確かに冷静じゃなかったかもしれないですね(笑)」とNAOTOは思わず苦笑い。

 また、『攻殻機動隊』25周年を記念し、NAOTOから「青いバラには“夢が叶った”という花言葉があります。自分自身も声優として『攻殻機動隊』に参加させていただくという夢も叶ったという意味も込めまして」と坂本に25本の青いバラの花束が贈られた。

『攻殻機動隊 新劇場版』は6月20日(土)より全国ロードショー。また、『攻殻機動隊 新劇場版』の本編冒頭12分の映像をWEB限定で公開中(http://youtu.be/MIJ0AwmXGtc)。

『攻殻機動隊 新劇場版』公式サイト(http://kokaku-a.jp/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える