• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「サキに愛情」仲間由紀恵が『サキ』最終回を語る

 3月19日(火)の放送でついに最終回を迎えるドラマ『サキ』(フジテレビ系)。孤独な悪女・サキが男たちを破滅させていくストーリーは、予測不能な展開とサキの復讐劇などで話題に。

 無事クランクアップを迎えた主演の仲間由紀恵が撮影を振り返り、最終回の見どころを明かしてくれた。

「今回の網浜サキという役柄はターゲットの人たちに対して「心をどれぐらいオープンにさせることが出来るのか」など細かい部分のさじ加減が凄く難しい作品でした。他人の人生を破滅させていくというちょっと怖いお話ではありますが、スタッフの皆さんの作品に対する情熱や愛情を感じながら作ることができたので見てくださった方々の感想を聞いてすごく楽しんで見てもらえていることが分かり、その思いは通じたと思っています」と撮影の日々を振り返り感想を。

 サキに共感する部分を聞かれると「サキという女性は、すごく悲しい過去を背負った“悲しい悪女”。彼女が行動を起こす心の一番底に何があったのかを突き詰めていくと『どこにも持っていきようのない苦しい切ない思いを1人だけで抱えてずっと生きてきた人なのだ』と思います。そう思うと役柄に愛情を感じずにはいられないですね」と悪女という顔の裏に持つサキの人間的な部分に魅了された様子。

 最終回では、最後のターゲットとなる隼人(三浦翔平)に、サキが毒入りワインで生死を分ける賭けを迫るシーンが登場するが、撮影では不安もあったと言う。

「あのシーンは大変でした。きっと翔平くんもそうだったと思いますが、自分自身もサキとして気持ちが揺れてしまうシーンなので『うまく心の“揺れ”を表現できるのか』と。その日は、翔平くんとお互いに『頑張って乗り切らないと!』という共通意識があったような気がします。これまでの集大成として“なぜサキはこの5人を選ぶことになったのか?”そして、“どんな人生を送ってきた女性なのだろう?”という最大の謎も含めて、ぜひサキの最後を見届けていただきたいと思います!」

 サキが手を下した男たちと母親との関係、弟である隼人がターゲットとなった理由とは…?すべての謎が明らかになるクライマックスをお見逃しなく。

 ドラマ『サキ』最終回は、3月19日(火)後10・00からフジテレビ系で放送。

『サキ』公式サイト(http://www.ktv.jp/saki/)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える