• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

演技派・志田未来が舞台初挑戦!問題作「オレアナ」で田中哲司と共演

舞台「オレアナ」に出演する田中哲司と志田未来

 ドラマ『女王の教室』『14才の母』で注目を集め、以降、演技派女優としてさまざまな作品に出演してきた志田未来が、初めて舞台に挑戦することが分かった。

 志田が出演するのは、「アメリカン・バッファロー」「ライフ・イン・ザ・シアター」「グレンギャリー・グレン・ロス」「エドモンド」、映画「郵便配達は二度ベルを鳴らす」などで知られるアメリカ演劇界の鬼才デビッド・マメットが1992年に発表した「オレアナ」。

 順風満帆の若き大学教授ジョンの研究室を一人の女子学生キャロルが訪れる。教授の授業についていけない彼女は、どうか単位を取らせてほしい、と涙を浮かべて懇願する。教授は、彼女の肩を抱いて慰め、紳士的な態度で相談に応じた。しかし後日、彼女が教授を“セクシャルハラスメント”を理由に大学当局に訴えたことにより、二人の立場は全く逆転する…。

 オフ・ブロードウェイのオーヒューム・シアターで一年以上のロングラン上演を記録した後、すぐさま全米四都市で上演され、アメリカ中を議論の渦に巻き込んだ問題作で、イギリス、フランスなど世界中で注目のキャスト&スタッフにより、現在も上演され続けている。

 日本ではパルコ劇場にて、1994年酒井洋子訳、西川信廣演出、長塚京三×若村真由美の出演で上演、セクシャル・ハラスメントの問題定義もはらんだ問題作と評価され、その年の「読売演劇大賞・優秀作品賞」を受賞。1999年には、長塚京三×永作博美の出演で再演された。

 今回、栗山民也を演出に迎え、小田島恒志の新翻訳で装いも新たに16年ぶりに上演。大学教授ジョン役には、TV、映画、舞台で存在感を発揮する田中哲司、そして、舞台初挑戦となる志田が女子大生キャロル役を演じる。

 ジョン役の田中は「『オレアナ』の上演にあたっては、楽しみな気持ちと不安が入り混じった複雑な心境です。11月はまだ先のようで、実は時間がないですから。志田未来ちゃんとは映像で何度か一緒に仕事をしていて、とても信頼を寄せています。稽古場でも舞台上でも助けてくれそうです(笑)。そんな信頼のできるパートナーと芝居を作っていくのが楽しみです。演出の栗山さんとは、今回初めてご一緒します。すごく緻密な芝居を作る印象があって、その世界に浸ってみたいです」とコメント。

 キャロル役の志田は「舞台は、いつかやりたい、やらなくてはと思っていました。このお話を頂いた今が『その時』なんだと思います。舞台のことは、正直、何も分かりませんが、楽しみたい気持ちでいっぱいです。田中さんとは、ドラマでご一緒させていただきましたが、不思議なオーラのある方だと思います。そんな素晴らしい大先輩から一緒にいいものを創ろうと言っていただいたので、一生懸命頑張ります」と意気込みを語っている。

<公演概要>
「オレアナ」
作=デビッド・マメット
翻訳:小田島恒志
演出:栗山民也

出演:田中哲司・志田未来

<東京公演>2015年11月6日(金)~29日(日)PARCO劇場
(11月6日プレビューオープニング、11月7日初日)
<豊橋公演>2015年12月2日(水)穂の国とよはし芸術劇場PLAT主ホール
<北九州公演>2015年12月5日(土)~6日(日)北九州芸術劇場・中劇場
<広島公演>2015年12月8日(火)アステールプラザ大ホール
<大阪公演>2015年12月12日(土)~13日(日)森ノ宮ピロティホール ほか

■問い合わせ先:
パルコ劇場 03-3477-5858
http://www.parco-play.com

■ストーリー
大学教授のジョンは、大学教職者なら誰しも憧れの終身在職の権利に手が届くところまで来ており、安定した晩年の設計図、新居の契約のことで頭がいっぱいだ。その彼の研究室に教授の授業についていけない、講義=教授の言葉や内容が理解できないという一人の女子学生、キャロルが現れ、それでも試験にパスしなければならないと懇願する。
ジョンはキャロルと会話を続けながらも新居の契約のことで度々鳴る電話に出たり、半分上の空。しかし紳士的にキャロルの相談に乗るような態度を取っているうち、最初は自分が「分かっている」ことを学生に「分からせる」立場である教授のほうにあったはずの、その会話の優位性は、言葉を尽くせば尽くすほど、いつしか女子学生のほうに移っていく。そしてついには、キャロルがジョンとの一連のやりとりをセクシャル・ハラスメントとして大学当局に訴え、さらにそれを、事実としては起きていないレイプ事件にまで問題を発展させる。
前途洋々だったはずの教授の未来は、たった一人の女子学生とのディスコミュニケーションによって、打ち壊されていく…。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える