• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

菜々緒の濃厚シーンの真相に松ケンも感心「根性ある」 『ふたがしら』完成披露

「連続ドラマWふたがしら」完成披露試写会(左から)菜々緒、松山ケンイチ、早乙女太一、入江悠監督

 WOWOWの土曜オリジナルドラマ「連続ドラマWふたがしら」の完成披露試写会が6月11日に行われ、主演の松山ケンイチ、早乙女太一、菜々緒、入江悠監督がこの日のために仕立てたという涼しげな着物姿で登場した。

 オノナツメの人気漫画の実写化を松山が熱望したことで動き出したこの作品。松山は「(原作の)『ふたがしら』を本屋で見て、これはどうしてもやりたい! と思いました。1年も経たないうちに作品となって幸せです」と喜びを語った。

 早乙女とは「劇団☆新感線」の舞台「蒼の乱」に続く共演。松山が「太一くんは時代劇のプロフェッショナル。そばにいれば何とかなるという相棒で、心強い味方でした」と言えば、早乙女も「僕も映像の経験が少ない中で、松山さんに分からないことを聞いたり、身を委ねたりと助けてもらいました」と語り、役柄の弁蔵と宗次さながらの熱い絆を見せた。

 「クールな色男の早乙女太一です(笑)」と宗次のキャッチコピーそのままに挨拶して会場を沸かせた早乙女。だが、実は本人はこのキャッチコピーに苦しめられたようで「それが一番イヤでした」と苦笑い。松山がすかさず「回を重ねるごとに色男からハミ出す宗次があるよね?」とフォローし、早乙女も「とりあえずクールで色男というのを忘れて(笑)!」と呼びかけた。

 時代劇初挑戦となった菜々緒は「初めてでプレッシャーと不安を抱えたままクランクインした」と振り返り「太秦のスタッフさんも監督もキャストさんも温かく迎えてくださりました」と笑顔を見せた。時代劇にはお約束のセクシーな入浴シーンもあるが「現代劇も含めて入浴シーンは初めて。初めて尽くしで刺激的な毎日でした」と。さらに、成宮寛貴演じる甚三郎との濃厚なシーンに関しては、特に監督と話し合うこともなく進められたそうで「成宮さんにリードしていただきました」と振り返った。

 入江監督は「脚本のト書きに『甚三郎が服の中に手を突っ込む』とあって、その後、どうするのかと思ったら、間が持たなくなったのか、成宮さんが手を(菜々緒の)口に入れて、それからどうするかと思ったら、菜々緒さんもちゃんとリアクションしていた」と撮影の様子を明かした。本番でのアドリブの連続に菜々緒は「『わっ!』と思ったけど、続けました。なかなかカットが掛からず、どうなるかと思った」と話し、松山は「根性あるなぁ」と感嘆の声を上げた。

 松山は本作の続編の製作を熱望。「弁蔵と宗次がどうなっていくのか? 原作でもまだ描かれていないところが気になるので、ドラマオリジナルで行く末を見たい!」と語り、会場からは期待の拍手が贈られた。

 早乙女は「続編をやるなら、『クールな色男』というのを外してほしい。それに勝るキャッチコピーを作ることを目指したい」と、菜々緒は「クランクアップの時に松山さんは既に『続編作るからよろしくね!』と言っていました。皆さまのお力添えで、さらにパワーアップさせられるように」とそれぞれ続編への意欲を見せた。

 入江監督は「僕らの世代が時代劇を作らせてもらえるというのはすごいこと。この波を広げていきたい!」と力強く語り、会場は再び大きな拍手に包まれた。

 WOWOW土曜オリジナルドラマ 「連続ドラマWふたがしら」は、WOWOWプライムで6月13日(土)後10・00スタート(全5話、第1話無料放送)。

土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW ふたがしら」
WOWOWプライム 6月13日(土)放送スタート
毎週土曜夜10:00(全5話)※第1話無料放送

特設サイト(http://www.wowow.co.jp/dramaw/futagashira/

■ストーリー
 豪放な性格の弁蔵(松山ケンイチ)とクールな色男・宗次(早乙女太一)は、八王子の飛脚問屋で働いていた。彼らの裏の顔は“赤目”を名乗る盗賊の一味。「脅さず殺さず汚え金を根こそぎいただく」のが赤目の仕事。赤目の頭(かしら)・辰五郎(國村隼)を敬愛する2人は、夜な夜な仲間とともに悪人の屋敷に忍び込み仕事に精を出していた。 だがある日、辰五郎は2人の手を取り、「一味のこと、まかせた」と言って息を引き取ってしまう。しかし、おこん(菜々緒)が預かった遺言状には、辰五郎の弟分・甚三郎(成宮寛貴)に跡目を継がせると記されていた。納得のいかない2人は、赤目一味とたもとを分かち、旅立つ決意をする。そう…「でっかいこと」を成し遂げるために!

■スタッフ・キャスト
原作:オノ・ナツメ「ふたがしら」(小学館ビッグコミックスピリッツ増刊「ヒバナ」連載)
監督:入江悠『ジョーカー・ゲーム』『SR サイタマノラッパー』
脚本:中島かずき(劇団☆新感線)「阿修羅城の瞳」「髑髏城の七人」「蛮幽鬼」「蒼の乱」
音楽:SOIL&“PIMP”SESSIONS(Victor Entertainment)
出演:松山ケンイチ 早乙女太一 成宮寛貴 菜々緒・田口浩正 芦名星 村上淳 山本浩司 橋本じゅん 品川徹・國村隼

(C)オノ・ナツメ/小学館 (C)2015 WOWOW/ホリプロ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える