• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

山本美月が3作目の“月9”出演 『恋仲』で福士蒼汰の先輩役に

福士蒼汰主演『恋仲』に出演する山本美月

 モデル、女優として活躍する山本美月が7月スタートのフジテレビ系“月9”ドラマ『恋仲』に出演することが決定した。山本は3作目の“月9”出演となる。

 ドラマ『恋仲』は、福士蒼汰が月9初主演、本田翼、野村周平、大原櫻子、小林薫、吉田羊といった豪華キャスト陣を迎えた王道ラブストーリー。山本は、福士演じる三浦葵が勤める建築事務所「丹羽万里子建築事務所」の先輩スタッフ・富永美玲を演じる。

 美玲は、見た目はイマドキ女子だが、根はしっかりして真面目なキャリア志向女性。目的もなく、日々の仕事をただこなしている葵とは対照的に、熱い思いを胸に秘め、夢に向かって陰でも努力している。葵のうだつのあがらなさに少しいら立ちを感じながらも、結局よき先輩として応援してしまう、という役柄だ。

 山本は今回の役に決まった時の感想について「今回で月9に出演させていただくのが3度目ということで、すごくご縁を感じています。同世代のキャストの方も多いので、刺激をもらいながら素敵なドラマを作っていきたいです」と。

 役柄については「今回演じさせていただく、美玲という役は思っていたよりも大人だと感じました。お姉さんの役をいただくことはあっても、誰かの先輩という役柄は初めてでとても新鮮です。福士さん演じる葵くんとの先輩、後輩という関係性をしっかり築けていけるように頑張りたいと思います」と意気込みを語った。

 また、福士との共演については「福士さんとご一緒させていただくのは、初めてなので、楽しみです。同じ職場仲間の皆さんや他のキャストの方と仲良く楽しく撮影できたらと思っています」と。

 ドラマへの意気込みについては「仕事一筋の美玲は自分と似たような部分もあるな、と感じているので、美玲と一緒に仕事だけではなく、広い目を持てるよう成長できたらと思います。建築事務所での皆さんとの掛け合いがとても楽しみです」と語った。

 山本は、女性ファッションのカリスマ的存在として人気を誇るモデル。2011年に月9『幸せになろうよ』で女優デビューを果たし、以降、月9『SUMMER NUDE』(2013年)や『僕のいた時間』(2014年)といった連続ドラマに出演してきた。「桐島、部活やめるってよ」(2012年)で映画デビューを果たすと、2014年には「黒執事」「近キョリ恋愛」「小野寺の弟・小野寺の姉」と立て続けに映画に出演。女優として着実にキャリアを重ねてきた山本が、夏の“月9”に華を添える。

『恋仲』
フジテレビ系 7月スタート
毎週(月)後9・00~9・54

■キャスト:
福士蒼汰

本田 翼

野村周平
太賀
大原櫻子
大友花恋
   ・
市川由衣
山本美月
馬場園 梓
前野朋哉
  ・
永井 大
吉田 羊

小林 薫

■スタッフ
脚本:桑村さや香(『未来日記-ANOTHER:WORLD-』映画「ストロボエッジ」)
プロデュース:藤野良太(『水球ヤンキース』『海の上の診療所』など)
演出:
金井紘 (『信長協奏曲』『HERO』『ビター・ブラッド』など)
宮木正悟 (『水球ヤンキース』『失恋ショコラティエ』など)

制作:フジテレビ ドラマ制作センター

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える