• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

竹内結子&真木よう子&水川あさみ&バカリズムが語る『かもしれない女優たち』の魅力と舞台裏

『かもしれない女優たち』

 フジテレビ系で6月23日(火)に放送されるSPドラマ『かもしれない女優たち』(後10・00)の取材会が行われ、出演した竹内結子、真木よう子、水川あさみと、脚本を担当したバカリズムが登場した。

 本作は竹内、真木、水川が人生のターニングポイントで違う道を選んでいたら、どんな生き方をしていたかを描く異色ドラマ。架空の世界で女優たちは本人役を演じ、別々に進行する3人の人生が、ある時点から交差して絡み合い、やがて一同に会するというストーリーが展開する。

 取材会でのコメントは以下の通り。

竹内結子
「今回、私が私自身を演じるということで不思議な感じがしました。けど、実際現場に入ってみると台本通りすんなりお芝居に入っていけて、真木さんと水川さんとの共演シーンは、ゆるゆるとお話をしながら、楽しんで撮影をすることできました。視聴者の方には、私たち出演者の普段の姿は本当にこうなの“かもしれない”とか、こんなけんかをする“かもしれない”とか、そんな“かもしれない”のシチュエーションを楽しんでもらいたいです」

真木よう子
「撮影に入る前にバカリズムさんに『かわいい役をやりたいから、かわいい感じで書いてね』とお願いしたんです(笑)。そしたらリクエストに応えてくださって、かわいい自分を作品の中で出すことができました。ただ、バカリズムさんの脚本は独特で、せりふのテンポや間の取り方が演じていて難しかったです。バカリズムさんのコントを見に行ったのを思い出して、バカリズムさんが演じるとしたらこんな感じかなと思いながら撮影をしていました。とても面白い作品なので、見ないと損だと思います!」

水川あさみ
「自分のようで自分じゃない感覚が演じていて楽しかったです。打ち合わせの時に実際に自分が経験したエピソードを話して、それが作品の中に盛り込まれていたりするので、そこもリアリティがあって面白いなと。自分が自分を演じることは、今後きっとないでしょうし、面白い企画に携われてよかったと思ってます。私たち女優3人の共演と、せりふ一つひとつが面白いバカリズムさんの物語を楽しんでほしいです」

バカリズム
「出演を決めてくれたお三方には本当に感謝しています。それぞれの方に生い立ちとか、もし自分がこの仕事をしていなかったらどんなことをしていたか、とかをお伺いしたんです。けど、僕の中では『この人はこうしたい』というのがあって、だから僕の思うように答えてほしいなと思いながら聞いてました(笑)。真木さんは執念深いというか根性があるイメージだったんですけど、打ち合わせで『私はかわいい感じでいきたい』と話されていて、たぶんどこかで世間だったり周囲に対して『本当はこんなところもあるのに』と思いながら、うまく出せないまま生きている方なんだろうなと。水川さんは物静かな方だと思っていましたが、お会いしてみると、がはがは笑うし、豪快な方でしたね。竹内さんは清楚で知性がある方だと思っていて、実際にお会いしてみてもそのイメージは崩れなかったです。なかなかこんなメンバーが揃って、こんな企画をやっていただけることはないと思いますし、作品は当然面白く仕上がってます。個人的にはラスト20分の展開をぜひ見ていただきたいです。なんだこりゃ!ってひっくり返ると思います」

 人気女優たちが「もし売れていなかったら」というパラレルワールドをバカリズムが描き、竹内、真木、水川が全力で本人役を演じた『かもしれない女優たち』は、フジテレビ系で6月23日(火)後10・00から放送。

『かもしれない女優たち』公式サイト(http://www.fujitv.co.jp/b_hp/kamoshirenai/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える