• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

大地をキャンバスに花で描く!花絵師・藤川靖彦の制作現場に密着

『情熱大陸』花絵師・藤川靖彦に密着

 6月21日(日)に放送されるドキュメンタリー番組『情熱大陸』(MBS/TBS系全国ネット 後11・00~11・30)は、花絵師・藤川靖彦に密着する。

 およそ100平米の大地をキャンバスに見立て、花びらや草木だけを使って作る巨大な花絵“インフィオラータ”。描かれる絵のほとんどはキリスト教の宗教画で、市民アートとして400年前にイタリアで発祥し、キリスト教の祭典として親しまれてきた。

 藤川は日本伝統の浮世絵をアレンジし“花歌舞伎”と呼ばれる独自の作風を生み出し、伝統あるインフィオラータの世界に新風を吹き込んだ。

 本場・イタリアではローマ法王も虜にし、昨年サンピエトロ寺院にVIPとして招かれたほか、今年6月にはスペインで開催されるインフィオラータの世界最高峰の祭典にも招待された。

 番組では、夜を徹し12時間かけて作り上げた“花歌舞伎”を携え、スペインに乗り込んだ藤川に密着。「作った後は起き上がれなくなる…」というほど極限まで肉体を追い込む壮絶な制作現場のほか、花のイマジネーションを探り続ける藤川の真剣勝負を追う。

藤川靖彦プロフィール
1961年4月 東京・世田谷生まれ。
日大芸術学部演劇学科を卒業後、CM音楽の作曲やイベントプロデューサーとして幅広く活躍。バブルの崩壊と共に仕事が激減し失意の日々を送る。
絶望の淵に立たされていた藤川は39歳のとき、都市開発事業のイベントプロデュースを任される。その土地のシンボルにちなんで、花を使ったイベントを企画。世界各地の花の祭典をリサーチしていたとき、初めてインフィオラータの存在を知る。
すぐさまイタリアを訪問した藤川は、インフィオラータの魅力に取り憑かれる。
以来イタリアの花絵師のもとで修行をつみ、現在までに160作を越えるインフィオラータを手がけてきた。

『情熱大陸』
公式サイト(http://www.mbs.jp/jounetsu/
公式Facebook(https://ja-jp.facebook.com/jounetsutairiku
公式Twitter(https://twitter.com/jounetsu

(C)MBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える