• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

中居正広が“神仕切り”でお悩み解決!やらかした“塩センス”芸能人が集結

『中居正広のこうして私はやっちゃいました!神センス塩センス!』

 スペシャル番組『中居正広のこうして私はやっちゃいました!神センス塩センス!』が6月22日(月)に放送される。

 中居正広がお騒がせ芸能人たちの問題点を浮き彫りにし、解決策を見いだしていくこの番組。登場するゲストたちは、視聴者や周りの人間から批判され、たたかれてしまうような応対をしてしまうセンス=「塩センス」の持ち主。過去の行動が批判の的となってしまった芸能人たちは、あの時どうすれば良かったのか、この先どうすべきかという悩みを中居にぶつける。

 板東英二は個人事務所の問題が発覚した際、謝罪会見で驚きの発言をして、その塩センスが各方面からたたかれた。「あの発言は塩じゃなくて神センスだよね。テレビを見ながら笑った!」と言う中居に対し、板東は本音を語り始める。

 銀行員からNHKのお天気キャスターへと華麗なる転身を遂げた半井小絵。しかし、不倫疑惑が発覚し、NHKとの契約が切れると今度はセクシーDVDや写真集を出し世間を騒がせた。さらに驚くほどチケットが高額なトークライブを開いたり、現在は演技の猛特訓中でいつかは映画に出たいと語ったりと大胆不敵な半井。中居は「本人楽しそうな時点で俺たちの負け」と半井に軍配をあげ「このポジティブ、この意欲、うらやましい」と語る。しかし、カンニング竹山が「誰も言わないならオレが言ってやる。全部20点!」と半井にかみつくと、大久保佳代子も「生半可な覚悟でやるな」と迫るなどスタジオは大紛糾、壮絶なスタジオトークに発展する。

 さらに「1億円分はお酒を飲んできた」という歌手の石井明美、以前ある歌姫と熱愛報道された内山麿我、年齢詐称でたたかれてしまった夏川純、マネージャーがいないと何もできない紫吹淳、恋をすると男性に重たがられるMAXのLINA、一般人から政治家になり調子に乗ってしまった杉村太蔵など、さまざまな「塩センス」が勢ぞろいする。

 そんな怖い物知らずなゲストたちの“やっちゃった”ぶりを楽しむのはもちろん、中居がどんな“神仕切り”を見せるのかにも注目だ。

『中居正広のこうして私はやっちゃいました!神センス塩センス!』
フジテレビ系
6月22日(月)後10・00~11・24

<出演>
司会:中居正広
アシスタント:西山喜久恵(フジテレビアナウンサー)
女性ゲスト(五十音順):
石井明美、大久保佳代子(オアシズ)、沢田亜矢子、紫吹淳、芹那、半井小絵、夏川純、LINA(MAX)
男性ゲスト(五十音順):
内山麿我、カンニング竹山、杉村太蔵、鈴木拓(ドランクドラゴン)、板東英二

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える