• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

本郷奏多、津川雅彦の採血シーンに震え上がる!「めちゃくちゃ怖い」

『アカギ』製作発表会に登場した本郷奏多(左)と津川雅彦

 7月17日(金)からスタートするBSスカパー!オリジナル連続ドラマ『アカギ』の製作発表会が行われ、本郷奏多、津川雅彦、田中要次、神保悟志らキャストのほか、原作者・福本伸行、主題歌を担当する湘南乃風・SHOCK EYEが登壇した。

 それぞれ実際の役衣装で登場したキャストたち。本作は麻雀シーンのみで構成されているそうで、本郷はその撮影状況について「非常に順調です。部屋で卓を囲んでいるだけで現場の移動も一切ないので、そりゃ順調に進むだろなと(笑)」と笑顔を見せた。また、ベテラン俳優陣に囲まれた現場について「カメラが回ったら僕は先輩方を見下さなきゃいけなくて…」とプレッシャーも感じているようだが、その一方で「楽しんでやらせてもらっています」と言葉を弾ませた。

 本作の見どころについて、実際に原作マンガのパネルを用いて“採血シーン”を紹介した本郷。「鷲巣(津川)の膨大な資金力と僕の血を賭けて戦うんです。鷲巣は血を抜きたくて僕と戦っているので、いよいよ抜くとなったときの津川さんのテンションが素晴らしい。めちゃくちゃ怖いです」と大先輩の怪演に驚いたようで、共演の神保や田中も津川の演技を絶賛。津川は、血とお金を賭けることについて「グロテスク。実際にはちょっとやばいですよね」と冷静に答え、会場の笑いを誘っていた。

 また、この日は主題歌を担当する湘南乃風のSHOCK EYEも登場。自身も福本作品の大ファンだというSHOCK EYEは、「キレイごとではなく、人間の本心をさらけだしている作品だと思います。本心をさらけだした言葉のほうが心に響くし、勇気をもらいます。音楽面でも影響受けましたね」と熱い思いを語った。

 本作は、「カイジ」などで知られる福本伸行の同名マンガを実写化した連続ドラマ。生死を賭けた一夜の麻雀対決を、本郷奏多、津川雅彦ら豪華キャストで描く。現金を得る代わりに自分の血液を賭ける特別ルールの「鷲巣麻雀」で、究極の駆け引きが繰り広げられる。

『アカギ』
初回放送:7月17日(金)後9・00~
放送日時:毎週金曜 後9・00~ 全10話/各60分
監督・演出:岩本仁志、久保田充
脚本:田辺満
原作:福本伸行「アカギ~闇に降り立った天才~」
主題歌:湘南乃風「DON’T BE AFRAID」
チャンネル:BSスカパー!(BS241/プレミアムサービス585)
視聴方法:第1話は無料放送、第2話以降はスカパー!のいずれかのチャンネルまたはパック・セット等の契約者は無料で視聴できます。
公式HP(http://www.bs-sptv.com/zawazawa/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える