• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

嵐・大野智デザインの“嵐JET”が日本の空を舞う!

 嵐の大野智がデザインした『JAL FLY to 2020 特別塗装機』のお披露目会が26日、東京・羽田空港の格納庫で行われ、嵐が登場。「JAL FLY to2020」という5人のかけ声とともに披露された機体には大野をはじめ、メンバー全員の写真がプリントされ、大野がデザインした“未来への希望”が色鮮やかに描かれている。

 『東京2020オフィシャルパートナー』であるJALが、2020年の東京五輪に向けた応援企画の第1弾。希望を表現する「花々」「富士山」「四季」「未来に向かって進化する人」などを描き、東京2020が夢や希望を与えて社会に活力をもたらし、世界に誇れる史上最高の大会になることを願いデザインされた。

 メンバーの松本潤から「(披露されたが)どうですか?」との問いに大野は「照明で強調されて僕の顔がより引き立っている」と。二宮和也・櫻井翔から「顔じゃなくてデザインの感想をお願いします」とつっこまれると「こんな経験2度とないので、最初に話をいただいた時は大丈夫かなぁと思いました。けど時間をかけて丁寧に描かせて頂きました」とコメント。「東京オリンピックに向けて、“希望”“羽ばたき”“生命”だったりまず言葉から考えて、描き出しました。自分自身あまりカラフルな色調を普段使わないので、色のバランスが難しかったですね。色鉛筆を使って何パターンか試したりしました」とデザインのこだわりやポイントを披露した。

 完成まで約1か月近くかかったという大野のデザインに、櫻井は「本来なら大野1人の顔が機体にプリントされるところを、我々も便乗させていただいて感謝しています」と。松本は「普段から絵を描いている姿を見ているので、それが機体に描かれるなんて本当にすごいなと思います」と。相葉は「本当にすごいですよね。乗りたくなっちゃいますね。チケットとってみんなで乗りましょう!」と感激の様子。ご褒美に何がほしいか聞かれた大野は「何かおごってくれれば」と答えると、二宮は「じゃあラーメンをおごりますよ」と約束を交わすひと幕も。

 7月より放送予定の新CMでは特別塗装機が出来上がるまでの制作過程を収録。櫻井は「大野が描いている様子だったり、まさに今日の会見だったりをドキュメンタリータッチで撮影しています」と紹介。そして「ユメニカケル」というリズミカルで爽やかな曲調の新曲も発表された。

 最後に大野は「このジェットとともに、僕らもオリンピック・パラリンピックに向けていろいろな形で“おもてなし”をしていけたらいいなと思います。よろしくお願いします」と語り、会見を締めくくった。

 同機体は、あす27日から来年3月(予定)まで、主に東京(羽田)、大阪(伊丹)、沖縄(那覇)を結ぶ路線で運航される。

JAL公式サイト:https://www.jal.co.jp/flyto2020/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える