• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

鈴木亮平「年下なのに悔しいくらいに尊敬できる」“予告犯”メンバーが生田斗真を称賛

 映画「予告犯」の大ヒット舞台挨拶が6月29日(月)に行われ、生田斗真、鈴木亮平、濱田岳、福山康平、中村義洋監督が客席からサプライズ登場。観客には内緒で映画本編を客席で鑑賞していた生田らが「いや~超いい映画だったね!」と感想を語りだすと、スポットが当たり客席からは驚きの声が上がった。

 自分の作品を観客と観ることはないという生田は「バレないかドキドキしましたね。笑い声とか出して“声でばれたらヤバイな”みたいなのがあったけど全然ばれなかった。普通に映画を観た後なんでフワフワしてる(笑)」と笑顔。鈴木も「お客さんと観たら、“ここで笑ってくれるんだ、泣き始めるんだ”っていうのが分かって、新しい『予告犯』の発見ができた」と感想を。

 本作が初演技となった福山が「自分が初めて出る作品だったので、本当に何も分からないときからずっと生田さんたちが声をかけてくださって。1番最初の作品で素晴らしい方たちと共演させていただいて本当に幸せだなと思いました」と緊張の面持ちで感想を語ると、生田は「僕たちは自分たちが初めてお芝居をやったときの気持ちを福山くんに寄せていた。新人のころを思いだして、みんなお兄ちゃんぶって無償の愛を彼に与え続けていた」と、撮影時を懐かしんだ。

 この日がプロモーション活動の最終日ということで、登壇者が主演の生田への思いを吐露。撮影のすべてが思い出深いという福山は「クランクインでガチガチに緊張していたときに “頑張ろうな!”って励ましていただいたことは今後絶対に忘れることがない」と。

 共にキャンペーンで全国をまわった濱田は「斗真さんが一緒にいたから楽しかった。斗真さんのおかげで今日まで楽しく乗り越えることができました」と感謝の気持ちを語り、7年前のドラマ共演以来、仲がいい鈴木は「あんまり褒めたくない…」と言いつつも「映画の主役として立つということはこれだけの責任があるっていうことを教えてもらった。本当に男として年下なのに悔しいくらいに尊敬できる存在。お疲れさまでした!」とねぎらった。

 賛辞の嵐に生田は「ソワソワする(笑)。うれしいですけど、支えられているのは僕です」と感無量の様子で、生田も1人ひとりに感謝を思いを語った。福山には「ヒョロとして僕らのかわいい弟として現場に存在してくれたので、福山康平という俳優に感謝したい」と。濱田には「初めてのリハーサルで濱田岳が言葉を発した瞬間に“あっノビタだ”と思った。僕がお芝居をしなくても彼の言葉を聞いてれば、彼のことを見ていればちゃんとゲイツでいられるなと思わせてくれる素晴らしい俳優さん。がっくん本当にありがとう」と感謝を伝えた。

 鈴木に対しては「俳優の友達、先輩後輩たくさんいるけどもこんなに真面目でストイックな人はいない。自分の役のために冗談じゃなく命をかけられる。(人気が)最近グワァーってきてるけど、あたり前!」と大絶賛。「亮平ちゃんがさっき僕のことを尊敬してるって言ってくれたけど、僕も同じくらい鈴木亮平のことを尊敬してます!」と熱い思いをぶつけた。

 最後に観客へ「また見たいと思ってくれるような役者でいられるように頑張ります!『予告犯』を観にきてくれて、好きになってくれてありがとうございました」とメッセージを送ると、会場は温かい拍手と声援に包まれた。

 映画「予告犯」は全国にて大ヒット“予告中”。

映画「予告犯」公式HP(http://yokoku-han.jp/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える