• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

松岡修造が茂木健一郎に熱血メッセージ!「脳がブルブル喜ぶ」

 脳科学者・茂木健一郎の著書『結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方』(学研パブリッシング刊)が大ヒット中だ。

 「決断力」「実行力」「判断力」「集中力」「工夫力」などを簡単に手に入れられる方法が満載の同書。「仕事になかなか取りかかれない」「面倒なことが、つい先送りになってしまう」そんな悩みを持つ読者の支持を得て、 発売即大増刷と大きな反響を呼んでいる。

 人気の秘密は「脳内ダイエット」。 一番重要なことは何かを見つけて、 それ以外の「やらなくていいこと」を脳からどんどん捨てていく。すると脳は、 みるみる回転スピードが上がっていく…。その方法が具体的に分かりやすく解説されている。

 そんな茂木の著書のオビに、スポーツ解説者の松岡修造が、彼らしい熱い応援メッセージを寄せている。

「脳がブルブル喜ぶ面白さです!」

 壁にぶつかったとき、「成長のチャンスだ!」と考えて、脳がブルブル震えて喜んでいる姿をイメージするという松岡。 そうすると、良いアイデアや解説策が浮かんでくるのだとか。 この夏は、松岡と茂木の熱いコラボレーションが実現した同書で“脳をブルブル”させて「すぐやる脳」を手に入れよう。

『結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方』

定価:本体1300円+消費税
判型:四六判・本文204ページ
発行:学研パブリッシング
発売:学研マーケティング

■著者紹介
茂木健一郎
1962 年東京生まれ。 東京大学理学部、 法学部卒業後、 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。
理学博士。 脳科学者。 理化学研究所、 ケンブリッジ大学を経て現職はソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。 専門は脳科学、 認知科学であり、 「クオリア」(感覚の持つ質感)をキーワードとして脳と心の関係を研究するとともに、 文芸評論、 美術評論にも取り組んでいる。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える