• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

映画監督、演出家・本広克行が見出した21世紀に羽ばたく21名の若手女優

 ももいろクローバーZを主演に起用し、平田オリザ原作小説「幕が上がる」を映画化、そして舞台化した映画監督・本広克行が再び平田の戯曲に挑む。

 本広が演出を手掛けるのは、女子高生21名の群像劇「転校生」。1994年に青山演劇フェスティバルでの初演以来、高校演劇のバイブル的存在となっている戯曲で、ある高校生たちの一日が、平田オリザ戯曲特有の「同時多発」会話で繰り広げられる。日々のたわいのない会話の中に、彼女たちとの日常と社会への好奇心、あるいは大人たちへの不信感、将来への不安が見える現代口語演劇の秀作といわれている。

 今回、若手女優発掘プロジェクトとして、出演者全員をオーディションで選出。「これから女優としての経験を積んでいきたいと思っている」18~27歳の女性が対象という応募資格で、1474名から応募が寄せられた。1次審査では、送られたプロフィールを本広が丁寧に審査。121名に絞られた二次審査では、約40名ずつ3組に分かれてのワークショップオーディションが行われた。この121名の中から、21名の出演者が決定した。

 本広は「今年2015年は小説【幕が上がる】の映画と舞台の両方の演出をももクロたちと一緒に作り上げて来ましたが、舞台【転校生】がその集大成になります。21年前に平田オリザさんが書かれた台詞が同時多発で進行していく戯曲を21名の女子高校生役の若き女優たちとで、舞台演出と映像演出の今の自分が持てるすべての演出方法を使って舞台【転校生】を表現できればと考えています」と意気込みを語っている。

 舞台「転校生」は、8月22日(土)から9月6日(日)まで、Zeppブルーシアター六本木で上演される。

公演名:PARCO Production「転校生」
脚本:平田オリザ
演出:本広克行
キャスト:1474名から選ばれた21世紀に羽ばたく女優たち21人
逢沢凛 秋月三佳 芦那すみれ 生田輝 石山蓮華 石渡愛 伊藤優衣
伊藤沙莉 今泉玲奈 折舘早紀 川面千晶 堺小春 坂倉花奈 桜井美南
清水葉月 多賀麻美 永山香月 藤松祥子 南佳奈 森郁月 吉田圭織
(50音順)

公演日程:2015年8月22日(土)~9月6日(日)
会場:Zeppブルーシアター六本木
入場料金(全席指定・税込):6,000円
主催:Zeppブルーシアター六本木運営委員会
企画製作:株式会社パルコ 
前売開始:2015年7月25日(土)
チケットに関するお問い合わせ:サンライズプロモーション東京 0570-00-3337
公式HP(www.parco-play.com

■あらすじ
ある高校の教室。女子高校生たちの一日。課題図書や近しい人の病気や出産のことが話題となっている。
そこへ「朝起きたら、この学校の生徒になっていた」と言う“転校生”がやってくる。
日々教室で繰り返されている他愛のない会話とともに「生」と「死」が同時に語られていく。
転校生を受け入れながら、身近に起こっている出来事を通して人間の不確定さが浮かび上がる、現代口語演劇の秀作。

 

本広克行が選んだ21名の21世紀に羽ばたく女優たちのプロフィール

 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える