• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

小泉孝太郎「ここでしか撮れない画」主演ドラマ「死の臓器」台湾ロケに手応え

 7月12日(日)スタートの日曜オリジナルドラマ『連続ドラマW 死の臓器』(WOWOWプライム)で、物語の大きなポイントとなる台湾でのロケが行われた。

 本作は、麻野涼の同名小説を実写化した社会派医療サスペンス。臓器移植をテーマに、臓器売買の知られざる闇と現代医療の倫理を佐藤祐市監督がリアルに描き出す。WOWOWドラマ初出演の小泉孝太郎が、腎臓が摘出された女性の遺体を発見したことをきっかけに、臓器売買の闇を追うテレビ番組制作会社のディレクター・沼崎恭太を演じる。

 台湾ロケ最初の撮影スポットは、台湾一の繁華街・西門町。路線バスやバイクなどの往来も激しく、台湾ならではのエネルギッシュな街だ。その地に立った沼崎が、刑事の白井(豊原功補)に、台湾に来たことを電話で告げ、雑踏の中を歩いていくシーンから撮影はスタート。

 亜熱帯の国・台湾ということで、35度を超える猛暑となったが、台湾側で集められた撮影スタッフの動きがよく、撮影は非常にスムーズに進行。佐藤監督も「台湾のスタッフは非常に優秀。機転も利くし、頭の回転も速いから、本当に助かっています。あとは監督の腕次第ですね(笑)」と笑顔を見せた。

 この日の午後には、五ツ星ホテル「富信大飯店」での撮影を敢行。臓器売買の実態を調べていた沼崎は、台湾で臓器移植のブローカーをやっていると見られる謎の男・船橋甫の存在を知ることに。この台湾編から登場する本作のキーパーソン・船橋は、演技派俳優の川野直輝が演じる。「何を考えているか分からない感じがにじみ出たらいいと思い、演じました」と川野が語る通り、沼崎の緊張感が伝わる対面シーンとなった。

 小泉は「台湾の街中を歩いていると、台湾でしか感じられない空気を感じます。撮影された画も、やはりここでしか撮影できないものであり、説得力があります。作品の内容が、日本から台湾に舞台を移すことで、ご覧になる方もきっと、この作品の世界観に大きく引き込まれることと思いますし、作品の重みも違って来たように思います。ハラハラドキドキするようなこの作品のテイストをぜひとも楽しみにしていただきたいですね。ただ、台湾の蒸し暑さは想像以上。僕は台湾に来たのは初めてだったので、空港を降りた時はビックリしました」と台湾ロケの感想を。

 台湾編から登場する川野は「台湾は想像した以上に暑いです。でもそれだけにこの暑さも含めて、日本では撮れない画が撮れるんじゃないかとわくわくしています。これまで、こういった社会派のドラマに参加する機会があまりなかったので、参加できて光栄です。臓器移植を巡る人たちの思いが交錯しあうこのドラマは、いろいろなことを考えるきっかけになると思います。登場人物は、家族のためであったり、正義のためであったりと、それぞれの立場から自分の正しさを主張し、そしてその主張と主張がぶつかりあいます。船橋という役は演じていて、非常に面白いキャラクターです。彼の行動の是非はともかく、その主張は間違っていないと思うし、行動力に共感する人も少なからずいるんじゃないかと思っています。そのあたりをぜひ観てもらいたいです」と見どころを語った。

日曜オリジナルドラマ 「連続ドラマW 死の臓器」
WOWOWプライム
7月12日(日) スタート(全5話)[第1話無料放送]
毎週日曜 夜10:00

原作:麻野涼「死の臓器」(文芸社文庫刊)
監督:佐藤祐市(『キサラギ』『ストロベリーナイト』『脳内ポイズンベリー』)、植田泰史(「世にも奇妙な物語」シリーズ)
脚本:高山直也(「世にも奇妙な物語」シリーズ)、鈴木智(「連続ドラマW トクソウ」)
音楽:末廣健一郎
出演:小泉孝太郎 豊原功補 小西真奈美 小木茂光 川野直輝 新妻聖子 柴俊夫・武田鉄矢 ほか

■ストーリー
テレビ番組の制作会社のディレクター・沼崎恭太(小泉孝太郎)は、富士の樹海で女性の遺体を発見する。法医解剖で凍死と判断されたが、片方の腎臓が摘出されていることも判明。刑事の白井(豊原功補)は心に何か引っ掛かるものを感じる。一方、療聖会日野病院では、患者の高倉治子が人工透析を受けていた。治子の体は限界に近づいており、娘の裕美は主治医の日野誠一郎(武田鉄矢)に自分の腎臓を母に移植するよう懇願。しかし日野は頑として受け付けない。そんな中、救愛記念病院にけがをした男女が搬送されてくる。男女にあったそれぞれの手術痕から院長の大田勇(小木茂光)は、この男女の間で行なわれた腎臓移植を知る。そしてその腎臓が金で売買されたことを知り、警察に通報。執刀した日野は警察に任意同行を求められる。そのニュースに触発された沼崎は、樹海で見つけた遺体と臓器売買の関係について継続取材を決意。やがて医療現場の闇に近づいていく。

公式サイト(http://www.wowow.co.jp/dramaw/zouki/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える