• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「胸がいっぱい」竹内結子&大竹しのぶが書家・紫舟のパフォーマンスに感激

 7月18日(土)公開の映画『インサイド・ヘッド』の七夕プレミアイベントが行われ、日本語吹き替え版キャストの竹内結子と大竹しのぶが涼しげな浴衣姿で登壇した。

 主人公の“感情たち”を漢字の書で表現した“漢字ビジュアル”が話題沸騰中の書家・紫舟が特別ゲストとしてライブ・パフォーマンスを実施。特大の和紙に筆で何かを描き出し、その上に黄色と青色の筆を塗ると、何もなかったキャンパスから【喜】と【悲】の2つの感情の漢字、さらに【涙】の3文字が浮かび上がった。幻想的なパフォーマンスに、竹内は「少女ライリーの感情がまさに表現されている。映画を観てみんなにそれに気付いてもらいたい」と。大竹は「まさに映画に込められた感情そのものが飛び出している。胸がいっぱい。“涙”には喜びの涙も悲しみの涙もある。自分に正直に生きていきたい」と語った。

 そして、七夕にちなんでそれぞれの「願い」が書かれた短冊を披露。
大竹:カナシミに溢れても、すぐそばにいつもヨロコビがいてくれる世界になりますように
竹内:世界一周の船旅に行けますように

 大竹が「世界にあったかい涙が流れるように願いを込めました。あと、カッコいい女性になりたい」と話すと、竹内は「いっぱい遊びに行けるように元気でいたい。大竹さんのように大きな夢のほうが良かったかな…」とやや反省しつつ「来年はみんなのことをお願いできるようにします!」とポジティブに語った。

 最後に竹内は「自分のさまざまな感情を知ることで、自分にも他の人にも優しくなれる。身近な人や“自分の物語”に感じられる感動できる作品です。皆さんもその感情の魔法にかかってください」と。

 大竹は「生きているといろいろなことがあり、いろんな感情も出てきますが、この映画見れば大人は優しい気持ちになれる。子供だけでなく大人のあなたにも絶対感動してもらえる作品なので、ぜひ映画館でご覧頂きたいです」と呼びかけた。

『インサイド・ヘッド』
7月18日(土)全国ロードショー
監督:ピート・ドクター
共同監督:ロニー・デル・カルメン
製作:ジョナス・リヴェラ
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
日本語吹替版:竹内結子(ヨロコビ)、大竹しのぶ(カナシミ)、佐藤二朗(ビンボン)

公式サイト(http://www.disney.co.jp/movie/head.html

(c) 2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える