• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

おかっぱ頭でおなじみの歌手リン・ユーチュンが相撲部員役で日本ドラマ初主演

 おかっぱ頭と蝶ネクタイがトレードマークの台湾の歌手リン・ユーチュンが、映像配信サービス「dTV」で7月12日〈日〉より独占配信されるオリジナルドラマ『どす恋 ミュージカル』で日本ドラマに初出演にして初主演を果たすことが分かった。

 本作は、海外映画祭で数々の賞を受賞し、昨年には『太秦ライムライト』でカナダのモントリオールで開催された第18回ファンタジア国際映画祭 最優秀作品賞を受賞した落合賢監督の最新作。落合監督が長年映像化を熱望していた日本の国技・相撲をテーマにし、新たな映像表現に挑む。

 主演は、台湾の実力派アーティスト「リン・ユーチュン」が担当。バラエティ番組の「採点カラオケバトル」で大きな注目を集め、CMなどにも出演した人気者だ。日本のドラマ初出演にして初主演となる本作で、留学生の相撲部のホープ役を体当たりで演じている

 また、ほかの相撲部員も厳正なる選考を行い、歌って踊れるぽっちゃり系男子が集結。さらに、ダンスシーンの振り付けは、AKB48の大ヒット曲「恋するフォーチュンクッキー」の振り付けを手掛けたパパイヤ鈴木が監修。相撲の所作を取り入れ、豪快かつ優雅に動くダンスシーンに仕上がった。ダンスシーン以外にも、土俵での迫力の対決シーン、相撲部員たちによるコミカルな掛け合いなど、見どころが満載のエンタテインメント作品だ。

 リンは「最初ミュージカルのオファーが来た時、しかも自分は主役だと分かった時、とてもワクワクしてうれしかったです。でも、台本を読んでみて相撲部の部員を演じるために身体の露出が多いと分かり、ちょっと『えーーー!本当!?』と思いました。自分がそういう役を演じられるのは考えたこともなかったです。初めて、私の演技、歌、そしてダンスをご披露できるドラマなので、とても新鮮でチャレンジングなドラマだと思いました。いろいろ考えた末に、出演することを決めました」と。

 また「今回のドラマの一番の見どころは『青春している肉体』です(笑)。今のは冗談ですが、『青春している肉体』的なシーンが多いのは本当です。相撲部部員の役なので、多くのシーンで廻し一丁しか身につけていません。それは自分にとって、大きな挑戦でした。そして『青春な肉体』以外に、このドラマはいろんな要素を含んでいます。いい歌を聴けますし、青春、熱血スポ根と夢が織り合わさったストーリーもお楽しみいただけます。このドラマを見た皆さんに、夢と希望を届けたいです。皆さん、このドラマから勇気をもらって、夢を追いかけられるといいですね。もちろん、歌とダンスも見所です。ちょっと想像してみてください。何十人もの身体が大きい相撲部員が一緒に舞台に立って、皆さんのスマホやテレビの画面を埋め尽くす迫力を!(笑)。皆さん、ぜひ『どす恋・ミュージカル』を見てくださいね」とメッセージを寄せた。

『どす恋 ミュージカル』
配信開始日:7月12日(日)
配信話数:全1話(約25分)
キャスト:
リン・ユーチュン/駒木根隆介/ぎたろー/王 メイコ/竹内友哉/向里憂香/
カシューナッツ(ゆんぼだんぷ)/渡辺 哲
主題歌:TRF「EZ DO DANCE」
脚本・監督:落合 賢
プロデューサー:原 祐樹、岡林 修平、田村 豊
制作:ロボット
製作:BeeTV
振付:パパイヤ鈴木

公式サイト:http://video.dmkt-sp.jp/ft/s0004360
YouTube URL:https://youtu.be/b_wcRwHZFPc

(c)BeeTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える