• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

桐谷美玲「真っすぐ演じたい」動画配信最大手・米Netflixのドラマ『アンダーウェア』に主演

ドラマ『アンダーウェア』に主演する桐谷美玲

ドラマ『アンダーウェア』に主演する桐谷美玲

 桐谷美鈴が、動画配信ネットワーク・Netflixで今秋から配信が決定しているフジテレビ制作、Netflix Original ドラマ『アンダーウェア』に主演することが決定した。

 Netflixは、世界50か国、会員数約6200万人を誇る世界最大のインターネット動画配信ネットワーク。本作はフジテレビがNetflixを通して世界中の視聴者に送る第一弾ドラマとなる。

 『アンダーウェア』は、田舎娘の時田繭子(ときた・まゆこ)が銀座の高級下着メーカーに就職し、日本のランジェリー業界で自分の人生で接したことのない価値観に戸惑いながら成長する姿を描く“共感度100%”のお仕事ドラマ。下着メーカーのTriumph(トリンプ)の全面協力のもと、ランジェリー業界の裏側や、女性が気になる下着についての“あるある”トリビアも満載。脚本は、『リッチマン、プアウーマン』『失恋ショコラティエ』の安達奈緒子が手掛ける。

 桐谷が演じるのは、長野県で大学時代に繊維の研究をしていた“繊維オタク”の繭子。ひょんなことから銀座にあるオーダーメードの高級下着メーカーemotionで働くことになり、これまで自分が接したことがない価値観に戸惑い悩みながらも、周りに助けられ成長していき、ジャパニーズドリームを実現していく。

 桐谷は「女性にとって身近な存在であるランジェリーの世界を繊細に美しく、オシャレに描いていて、台本を読めば読むほどワクワクしました。繭子にとっては思ってもいなかった世界での仕事。戸惑いつつも周りに支えられながら少しずつ成長していく繭子を等身大で真っすぐ演じていけたらと思います。繊維オタクで一生懸命な繭子をぜひ皆さん応援してください! 日本第一弾のNetflixのドラマ、そして世界でも配信されるということでプレッシャーもありますが、日本のドラマの面白さをたくさんの方に伝えられればと、スタッフ・キャスト一丸となって撮影しています! すてきな作品になると思いますので、楽しみにしていてください!」と意気込みを語っている。

 本作は、既に世界配信(日程未定)も決定している。関口大輔プロデューサーは「『アンダーウェア』は日本ドラマの良いエッセンスを抽出し、世界の視聴者に受け入れられるドラマを目指しています。素晴らしいキャストとスタッフを迎え、アメリカのドラマのような先の読めない展開や美しい映像を意識して制作しています」と、“世界”へ向けた取り組みを説明。日本ドラマ界の新たな一歩となる本作にせひ注目したい。

『アンダーウェア』

話数:13話
配信スケジュール:今秋配信予定
※Netflixにて独占プレミア配信

キャスト:
桐谷美玲

スタッフ:
脚本:安達奈緒子(『リッチマン、プアウーマン』『失恋ショコラティエ』)
演出:尾形竜太(『警視庁失踪人捜査課』) 葉山浩樹(『僕のいた時間』)
音楽:Tim Wynn(『ラッキーセブン』)
プロデュース:関口大輔(『SP』『リッチマン、プアウーマン』)
制作著作:フジテレビジョン
制作協力:FILM

■あらすじ
大学時代に繊維の研究をしていた“繊維オタク”の時田繭子(桐谷美玲)。繊維メーカーに就職を希望するも、ひょんなことから、銀座にあるオーダーメードの高級下着メーカー“emotion”で働くことに! そこでは、創業25年にして日本のランジェリー業界を引っ張るアイコン的存在のemotion社長・南上マユミのもと、一流ブランドをしょって立つスタッフたちがそれぞれの仕事にプライドを持って働いていた。田舎から出てきた繭子は、自分の人生で接したことのない価値観に戸惑いながらも、次第にこの仕事に魅せられ、周りに助けられながら成長していく――。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える