• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

早見あかり、オール八王子ロケに「誰かの目を盗んで遊びに行きたい」

 今秋放送予定の八王子発ドラマ『東京ウエストサイド物語』(BSプレミアム)の取材会が行われ、早見あかり、羽田美智子、置屋ゆき乃恵・めぐみが、収録現場である八王子市内にある割烹「すず香」に登場した。

 本作は八王子を舞台にした地域発ドラマで、“八王子まつり”や“八王子芸者”など八王子の魅力を満載した心温まるコメディドラマ。

 就職活動中の大学4年生の主人公・高山峰子を早見、その母で、突然“芸者を目指す”と言い出す晴江を羽田が演じる。晴江が芸者修行をする置屋「はち乃喜」の女将・なつ鈴は、実際に置屋ゆき乃恵で芸者として活躍するめぐみが演じ、所作指導する。

 クランクインを迎えるにあたって早見は、「私たちが、羽田さんやめぐみさんと一緒に心温まるストーリーを作って、八王子の方が喜ぶような、八王子の方でない方が見たときに、八王子ってこんなすばらしいところがあるんだって気付いてもらいたい」と語り、羽田も「今日初めて割烹・すず香さんにお邪魔したんですけど、こういう風情と文化が残っている街なんだというところを春江を通じて描きたい」と語った。

 本作で久しぶりに普通の女の子を演じるという早見。「すごく自分に近くて、普通の役。同い年の友達とかは大学3年生なので、就職活動の話題が自然に出てくる。すごくタイムリーで。だからそれを聞いて考えて、気張ることなく普通に演じたいです」と役への意気込みを語った。

 いっぽう、八王子まつりで芸者として踊る羽田は、「大規模なお祭りだということを全然知らなくて…。まさかそこで、役さながらに踊ることになるとは。そのことを言われただけで鼓動が早くなる。どうしましょう~お母さん」と不安を吐露。すると、実際に羽田を指導するめぐみが「何とか間に合うようにお稽古をして、八王子を挙げて皆さん応援しておりますので、ぜひカメラの前で艶やかに舞っていただけるように」と不安でいっぱいの羽田の背中を押した。

 オール八王子ロケとなる本作。八王子にロケ以外でほとんど来たことがないと言う早見は、「2週間ずっと八王子での撮影があるので、撮影の合間とかに誰かの目を盗んでどっかに遊びに行けたらな(笑)。散策してみたい。それでいろんなことを知れたらな」という密かな野望も語っていた。

 八王子発ドラマ『東京ウエストサイド物語』はBSプレミアムにて今秋放送予定。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える