• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

おかずクラブ・ゆいPがドラマ初主演!『ブスと野獣』で“野獣女”演じる

 8月1日(土)スタートのフジテレビ系土ドラ『ブスと野獣』で、俳優の矢本悠馬とお笑いコンビ・おかずクラブのゆいPがダブル主演を果たすことが決まった。

 本作は、恋愛未経験で面食いのブサイク二人が、美男美女と恋人になるためにあらゆる手段を使って悪戦苦闘する異色ラブ・コメディー。

 主人公「ブス」な男・中田健太を演じるのは矢本悠馬。連続テレビ小説『花子とアン』(NHK)や『水球ヤンキース』(フジテレビ系)、『ごめんね青春!』(TBS系)に出演した注目度急上昇中の俳優だ。矢本演じる健太は、大学のディベートサークルに所属し、座右の銘は「ペンは剣よりも強し」という理屈至上主義論者。「理論」はあるけど「勇気」を持ち合わせていないため、ひと目ぼれした美女に近づけず空回りばかりしてしまうという役どころだ。

 もう一人の主人公「野獣」な女・篠原幸恵を演じるのは、人気急上昇中の女性お笑いコンビ・おかずクラブのゆいP。ゆいP演じる幸恵は、大学のレスリング部の主将で、「欲しいものは力ずくで」という座右の銘のもと、恋愛以外のすべてのものを手に入れてきた努力至上主義者。「勇気」はあるけど「理論」を持ち合わせていないため、ひと目ぼれしたイケメンとすれ違いを起こして大暴走してしまうという役どころだ。ドラマ初出演にして主演を務めるゆいPだが、コントで見せる演技力は抜群。“女優”としてどんな「野獣女」ぶりを見せるのか注目だ。

 そんな“ブスと野獣”が恋に落ちる相手役には、逢沢りなと成田凌が決定。また、絶妙のタイミングで主人公二人の前に現れる“いけ好かない”カップル役で、ゆいPの相方・オカリナと、『残念な夫。』(フジテレビ系)で好演した森下大地が出演する。

 主題歌には、ロックバンド・サンボマスターの『時間をとめるラブソング』が決定。ライブでの熱いパフォーマンスと心に響く歌詞で多くのファンを魅了するサンボマスターの楽曲が、ドラマを盛り上げる。

■出演者コメント
矢本悠馬
「主演が決まったときは“やったー!”以外なかったです。ブスの歴史は中田健太より僕のほうが長いので(笑)、ブス役を演じられてとてもうれしいです。僕はお笑いが大好きで芸人さんのことをリスペクトしているので、今回共演できて光栄ですし楽しみです。おかずクラブさんは画面からはみ出てくるくらいのインパクトがあるので、ゆいPさんに負けないよう“俺だって面白いぞ”という部分を出していきたいです。誰もが応援したくなるドラマになればいいなと思います。世界中のブサイクたちに勇気を! 」

ゆいP(おかずクラブ)
「プロデューサーが別の番組で私の即興芝居を見て声を掛けてくれたと聞いてびっくりしました。コンプレックスがあって踏み出せない篠原幸恵というキャラクターは、自分に近いなと思いました。違うのは、イケメンが好きという点ですね(笑)。矢本さんのことは『ごめんね青春!』を見ていたので知っていて、実際に会うと顔が小さくてびっくりしました。世の中はきれいな人ばかりでないから、人生はみな自分が主役だよ、ということをこのドラマから感じてもらえればうれしいです」

逢沢りな
「上条梓は、誰に対しても優しく接するナチュラルな女の子で、私が思う理想な女性です。個性的な主役二人の引き立て役になれるよう頑張りたいです。ゆいPさんはよくテレビで拝見していて、すごくパワフルに見えるけど女性らしい部分もあってかわいらしい方だなという印象です。インパクトのあるタイトルと、それに負けないくらいテンポ感のよい台本なので、土曜の夜、お酒でも飲みながら笑って見ていただければと思います」

成田凌
「北原颯佑は名前の通り、爽やかでカラッとして気持ちの良い人間です。明るい役を演じるのは初めてなのですごく楽しいです。矢本さんとは、初めて会った気がしないというか、すごくフィット感があります。お芝居も面白くて、そこに居るだけで存在感を出しているので素晴らしい方だなと思います。誰でも自信がなかったり、勇気を持てない部分があると思うので、いろんな勘違いの中で一歩踏み出す瞬間をまっすぐに描いているところを楽しんでいただきたいです」

山口隆(サンボマスター)
「既に発表している楽曲にもかかわらず、ドラマ主題歌という形で世の中に楽曲を広げる機会をいただけたことは、いちミュージシャンとして、とても光栄なことです。ドラマと共に『時間をとめるラブソング』が多くの人々に届くことを願います」

『ブスと野獣』(全8話)
8月1日スタート 毎週(土)午後11時40分~深夜24時5分

■キャスト
矢本悠馬 ゆいP(おかずクラブ)※ダブル主演
逢沢りな
成田凌
森下大地
オカリナ(おかずクラブ)

ナレーション:村本大輔(ウーマンラッシュアワー)

■スタッフ
脚本:坂本絵美 村井真也
キャラクター監修:モリタイシ
主題歌:『時間をとめるラブソング』サンボマスター(Victor/Getting Better)
プロデュース:池田拓也
演出:加藤裕将 髙野 舞
制作:フジテレビドラマ制作センター

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える