• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『浄霊探偵』SKE48・高柳明音「完成後に自分が主演と知りました」

 映画『浄霊探偵』の初日舞台挨拶が池袋シネマ・ロサにて行われ、W初主演の今野悠夫、SKE48の高柳明音と、鈴木かなえ、田中絵瑠、日下裕江、上月せれな、タナカハルナ、神島千尋、都築宏明監督が登壇した。

 本作は、プロの浄霊師が企画・原案を務めた本格的恐怖映画。浄霊師・神島千尋による、とり憑いている霊の不浄な部分を清め、行くべき霊界に送る“浄霊”をテーマにした企画・原案を、今野と高柳のW主演で実写映画化。霊能師としての修行経験を持つ探偵・小笠原篤(今野)が、人気番組「心霊ハンター」の司会を務める鹿篭百合香(高柳)の一族に伝わる悪霊と対決する様を描く。

 映画初主演の今野は「18歳からの願いがいろいろと叶いました。でも望んでいた主演というものをやってみると、主演というのはさまざまな方たちに助けられて初めてなるものだと痛感しました」と語り、客席で映画を鑑賞していたキャストたちを紹介。「この方たちが僕を主演として扱ってくれました!」と目を潤ませた。

 いっぽう「完成後に自分が主演と知りました」と舞台裏を明かした高柳は「撮影中、夜にお手洗いに行ったら電気がつかなくて……」と恐怖体験を披露するも「でも、ただ電気が切れているだけでした」とベタなオチで笑わせた。

 撮影中には、出演もしている神島に「君は黒い大きなものを背負い過ぎているから、このままだったら消えるよ」と衝撃的な霊視されたという高柳。それでも「とりあえずそれから半年は消えていないので、これからも頑張っていきたい」と悪霊退散に意気込んだ。

 この日も神島から「妬み嫉妬などの波動を、あまりにもいただいている」などと指摘された高柳だったが、本作の見どころを聞かれると「劇中に登場する大好きなキャラクターがオカマちゃん。楽屋にいる時は普通の男性ですが、メイクもすごい。オカマちゃんに出会えて良かったです。二回目を見る時は、そのオカマちゃんに注目して」と作品をPRした。

■ストーリー
人気番組「心霊ハンター」で活躍する霊能師 黒川無山の裏の顔を暴く!
そんな調査依頼を受けた探偵の小笠原(今野悠夫)は、番組ADとして撮影隊に潜り込むことに成功した。小笠原は、かつて浄霊師の師匠 神矢翔尋(神島千尋)の元で、霊能師になる為の苦しい修行を受けた経験があった。調査対象の黒川(大山ダイキ)は非凡なる霊能力を持ち合わせながらも、「生身の人間が実態のない悪霊を恐れることなど実にバカバカしい。そんなもの切り捨ててしまえばいい」という除霊思想の持ち主。そんな折、番組の司会を担当する鹿篭百合香(高柳明音〈SKE48〉)の実家で続いている数々の不幸を題材に番組を制作することに…。小笠原はじめ、番組クルー、百合香、病床に伏す妹の藤乃(田中絵瑠)、黒川らは、鹿篭家に充満する邪悪な気配を感じ取るのだった。藤乃の容体が、急速に悪化していくなか、小笠原は黒川の正体を明らかにし、ついには邪悪な黒川との対決を決意するのだった―!

『浄霊探偵』
池袋シネマ・ロサ他 全国順次ロードショー

出演:今野悠夫、高柳明音(SKE48)、上月せれな/神島千尋 他
監督:都築宏明
脚本:松井香奈、都築宏明
配給:ベストブレーン ソリッドフィーチャー

(C)2015「浄霊探偵」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える