• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

屋良朝幸、相方・中川晃教とのアヤシイ関係を否定「一線は越えません!」

 7月20日(月)に開幕したミュージカル「SONG WRITERS」のお披露目取材会が行われ、主演の屋良朝幸、中川晃教、島袋寛子、武田真治が出席した。

 2013年に上演され、熱烈なリクエストにより再演となった本作。「いよいよ来ましたね!」と気合十分の屋良は「演じていても前回とは違った新しい感覚に襲われました。短い稽古期間だったんですけど、前回以上を出したいという思いがあったのでブラッシュアップする作業が多かったです」と稽古を振り返った。

 前回との違いに関して、屋良は「今回は相方のアッキー(中川)と前回以上に2人でディスカッションしたので、ちょっと現実と普段の僕らとが分かんないくらいお互いで作った芝居。本当にピーターとエディが曲を作っているように僕らも芝居を作っていった」と。中川は「オープニングの1曲目が、幼なじみの2人がミュージカルを作っていくという夢をいだいた若者の思いが語られている曲。だけど初演のときは“初めまして”だったので、やっぱり難しかった。でも今回は1年半という時間をかけて、屋良朝幸の素の部分やひたむきな真面目な部分、そして何よりもカンパニーを愛しながらまい進していこうという姿を知ることができて、その姿に寄り添う感じが自然と幼なじみな感じになった」と語った。

 また屋良は「初演のときは芝居はもちろん歌も“こんなに俺できなかったっけ”って思わせてくれる存在。今回の再演の稽古中でもアッキーから盗めるとこは盗んだと思う。頼れるというか、エンターテインメントの部分ではお兄さん的な感覚」と中川に対する印象を語った。

 1年半の間にお互いの作品を観に行ったり、食事にも行っていたという2人。記者陣から見つめ合って話す姿をツッコまれると、屋良は「誤解だけはしないでくださいね。一線は越えません!気をつけます」と苦笑い。

 最後に屋良は「前回よりもさらにエネルギーが詰まった作品。観に来てくれた皆さまも何か時空を越えたような感覚になると思います。僕ら演者とお客様の境目がなくなる瞬間がありますので、この夏はそれを楽しみに観に来てほしいなと思います」とメッセージを送った。

 ミュージカル「SONG WRITERS」は、8月9日(日)まで東京・シアタークリエにて上演。

ミュージカル公式HP「SONG WRITERS」(http://www.tohostage.com/song_writers/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える