• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

藤井フミヤが名バラードをオーケストラの演奏で熱唱 WOWOWで7月26日放送

 藤井フミヤがチェッカーズとしてデビューしてから30周年、またソロデビュー20周年を迎え、記念として新たに取り組んだフルオーケストラコンサート「藤井フミヤ Premium Symphonic Concert 2015」がWOWOWライブで7月26日(日)に放送される。

 「TRUE LOVE」「Another Orion」など、藤井がこれまで世に送り出してきた名曲の数々を演奏するのは、指揮者・大友直人が率いる総勢50人を超える日本センチュリー交響楽団。

 東京・Bunkamuraオーチャードホールのステージに登場した藤井は、オープニングで大ヒットを記録した「TRUE LOVE」をしっとりと歌い、続けて「君が僕を想う夜」では、バイオリンなどの弦楽器とのハーモニーを聴かせた。

 MCでは「この試みを2年間、15回かけてやってきましたが、今日が最後。皆さんの心の奥底まで届くように歌います」と静かに語った。第1部のラストは「世界平和を祈って作った」という「夜明けの街」で締めくくった。

 第2部では衣装を替え、ベレー帽を被って登場、1996年リリースのバラード「Another Orion」をホール全体に響かせた。「フミヤさんは1年前とはまるで別人のよう。歌唱力もぐんと上がって、今はステージが快感でしょう」と言う大友に、藤井は「たしかに。 オーケストラと最初にリハーサルしたときは、ものすごく緊張していて『TRUE LOVE』を2番の歌詞から歌い出しましたからね。30年間歌ってきて、そんなことは初めて」と笑い混じりに明かした。続けて、ハーモニカ演奏も披露した「愚か者の詩」、2015年の公演で新たに追加した「MY STAR」を。最後は、旅立ちの決意を歌う「Go The Distance」で熱唱を響かせた。

 アンコールはチェッカーズ22枚目のシングル「夜明けのブレス」。ハープなどの美しい音色に合わせ、ファンにはたまらない名バラードを披露。藤井は「このシンフォニック・コンサートを通して、ボーカリストとしてはちょっとだけうまくなったような気がします。またオーケストラと一緒にできるように頑張ります」と語り、コンサートを締めくくった。

「藤井フミヤ Premium Symphonic Concert 2015」
WOWOWライブ
放送日:7月26日(日)夜9:00
収録日:2015年5月23日
収録場所:東京 Bunkamuraオーチャードホール

番組サイト(http://www.wowow.co.jp/music/fujii/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える