• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

細野晴臣、初めて見た「スタンド・バイ・ミー」の感想は…!?

 映画雑誌「キネマ旬報」にて、コラム「映画を聴きましょう」を連載中の音楽家・細野晴臣が、ソニー・ピクチャーズより<吹替洋画劇場>シリーズとして発売中の名作「スタンド・バイ・ミー」に寄せて、コラムを発表した。

「あまりにも皆がいいと言うのでこれまで見そびれていました」という細野は、今回初めて本編を観賞。「まさに同世代の映画!冒頭、少年たちが『西部のパラディン』(1957~63年)というテレビ西部劇の主題歌を歌いながら歩くんですが、実は僕もその番組を当時見ていて、“あ、同じだ!”と思うところから映画は始まりました」と、映画に登場する主人公の少年たちと同じ11~12歳の頃、自分が聞いていた音楽と重なっていることに感動。「アメリカと日本――国は違うのに同じ音楽体験をしていることにあらためて驚きました」と語った。

 コラムの全文は、「吹替洋画劇場」の公式サイト(www.fukikae-gekijo.jp)にて公開中。

 <吹替洋画劇場>シリーズは、コロンビア映画90周年を記念して、懐かしのテレビ地上波吹替音声を使用した本編を特典ディスクに収録し、既存の本編ディスクと同梱したシリーズ。これま
で、「スタンド・バイ・ミー」「クレイマー、クレイマー」「ベスト・キッド」「戦場にかける橋」などコロンビア映画の名作をリリースしている。

吹替洋画劇場 コロンビア映画90周年記念
『スタンド・バイ・ミー』
デラックス・エディション【初回生産限定】ブルーレイ&DVD発売中

ブルーレイ 2枚組 ¥4,743+税
DVD 2枚組 ¥3,800+税

発売元・販売元:(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

吹替洋画劇場公式サイト(www.fukikae-gekijo.jp

(c)1986 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える