• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ドラマ『HERO』特別編 8.1放送!八嶋智人&鈴木浩介の新撮を追加

 公開中の映画「HERO」の大ヒットを記念して、8月1日(土)に『ドラマレジェンド HERO特別編』(フジテレビ系)が放送。その見どころとなる新たな物語部分の撮影が行われた。

 新規撮影部分に登場するのは、城西支部事務官としておなじみの遠藤賢司役の八嶋智人と、2006年のスペシャルドラマに登場した虹ヶ浦支部事務官・村上健太郎役の鈴木浩介。

 7月末にクランクインし、舞台となったレストランに登場した2人。『HERO』においては初共演ながら、スピード感あふれるせりふのやりとりや、絶妙なタイミングが必要とされる展開の中、息の合った演技を見せた。

 八嶋は「(以前の放送から)9年の月日を経ても新たに撮影した部分を追加することで作品が成立してしまうというところがこの『HERO』という作品のすごさですね」と笑顔で答えた。映画「HERO」にも出演したばかりの八嶋とは対象的に、9年ぶりの出演となった鈴木は緊張の面持ち。「9年後にまさか出演させていただけるとは思っていませんでした。『HERO』の世界に入れるかと思うと、尋常ではない汗をかいて、尋常ではないほど緊張しました」と語った。

 『ドラマレジェンド HERO特別編』は、フジテレビ系で8月1日(土)後9・30から放送。

■あらすじ
※新たに撮影された待望のスペシャル映像も加えて、2006年に放送された『HERO』スペシャルドラマを放送。
 山口県虹ヶ浦。澄み切った青い空に美しい海、そして人々の笑顔とどこを見てものどかで平和な村、虹ヶ浦に久利生公平(木村拓哉)は赴任することになった。
 事件もほとんど起きず、あるのは鶏泥棒事件くらい。久利生は赴任するなり、鶏泥棒事件にも丹念に時間をかけ、泥棒が盗んだ鶏の数までもとことん調べる。久利生と今回組むこととなった虹ヶ浦支部の津軽保(堤真一)はそんな久利生のやり方が理解できない。そんな中、虹ヶ浦で11年ぶりに殺人事件が起こる。久利生と、やる気もなくみんなに変わり者と思われている津軽との奇妙なコンビが事件の担当となる。久々の事件に検事仲間たちはおじけづく中、事件は意外な展開を見せる。容疑者としてあがったのは、地元企業・鴨井産業の重役で、村民のみんなから尊敬される滝田明彦(中井貴一)だった。滝田は鴨井産業の先代社長から忠誠を尽くし、村のためを常に考えてきた人格者。2代目の鴨井正樹(利重剛)にも仕え、常に行動を共にしていた。
 誰もが滝田の無実を信じるが、久利生だけ何かに疑問を感じ、ついには鴨井産業の家宅捜査までも実行する。久利生と組む事務官、津軽はそんな久利生のやり方に納得がいかない。新米検事の泉谷りり子(綾瀬はるか)ら地検の他の人間からも理解されない久利生。
 支部長の西山吾一(塩見三省)らも事態を大きくされることを嫌がる。そんな気持ちもよそに久利生の捜査は進み、次第に地検の人々は村民の中で孤立していく。 
 一体久利生は何を突き止めようとしているのか。

『土曜プレミアム ドラマレジェンド HERO特別編』
フジテレビ系
8月1日(土)午後9時30分~11時40分放送

■キャスト
久利生公平(検事):木村拓哉
津軽保(事務官):堤真一
泉谷りり子(検事):綾瀬はるか
村上健太郎(山口地検虹ヶ浦支部 事務官):鈴木浩介
大藪正博(花岡事務所 秘書):石橋蓮司
小森拓郎(山口地検虹ヶ浦支部 検事):ベンガル
寺本篤史(虹ヶ浦管轄 警官):鈴木拓(ドランクドラゴン)
雨宮舞子(事務官):松たか子
巽江里子(弁護士):飯島直子
中村美鈴(検事):大塚寧々
芝山貢(検事):阿部寛
江上達夫(検事):勝村政信
末次隆之(事務官):小日向文世
遠藤賢司(事務官):八嶋智人
牛丸豊(刑事部長):角野卓造
鍋島利光(次席検事):児玉清
古越ひろ子(宿の女将):手塚理美
西山吾一(検事山口地検虹ヶ浦支部 支部長):塩見三省
滝田明彦(鴨井産業 専務) :中井貴一

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真