• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

華原朋美、FTISLAND、超新星らが3万3500人を魅了!

 日本最大級のファッション&音楽イベント「GirlsAward 2013 SPRING/SUMMER」が3月23日(土)に東京・国立代々木競技場第一体育館にて開催された。藤井リナ、道端アンジェリカ、トリンドル玲奈ら100人を超える人気モデルに加え、華原朋美、FTISLAND、超新星、乃木坂46、MY NAMEら国内外から8組の豪華アーティストが出演し、圧倒的なステージパフォーマンスで3万3500人の観客を魅了した。

 昨年12月に6年半ぶりに芸能活動を再開した華原朋美は、デビュー曲「keep yourself alive」と代表曲「I‘m proud」を披露。観客たちから「朋ちゃーん!」と熱い声援が送られると、感極まった様子で深々と一礼し、「素晴らしいステージに立たせていただいてありがとうございます」と時折目を潤ませながら笑顔でステージを後にした。

 いっぽう、同イベント初出演の超新星は、「MILKY WAY(超新星のファン)の皆さんといろんなアーティストのファンの方の前で、僕たちの新曲を歌うことができて緊張しています」(ソンモ)と興奮した様子ながらも、初披露となる新曲「抱・き・し・め・た・い」を含む3曲を堂々と歌い上げ、ほぼ女性客で埋め尽くされた会場のボルテージは最高潮に達した。

 大トリを飾ったFTISLANDは「TOP SECRET」をはじめ、新曲「You Are My Life」、日本メジャーデビュー曲「Flower Rock」で観客の心をわしづかみに。ボーカルのホンギが「I LOVE PRIMADONNA(FTISLANDのファン)~!!」とシャウトすると、客席から黄色い声が沸き上がり、ワンマンライブさながらの盛り上がりを見せていた。

また、イベントにはシークレットゲストとして郷ひろみ、米倉涼子、SKE48の松井玲奈らが登場するなど、約5時間半のイベントは一息つく間もなく大盛況で幕を下ろした。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える