• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

映画「at Home~」に“家族のプロ”たちから賞賛の嵐

(C)映画『at Home』製作委員会

 8月22日(土)より全国ロードショーとなる映画「at Homeアットホーム」をいち早く鑑賞した脚本家・岡田惠和、“夜回り先生”として知られる水谷修、「家族という病」で話題の作家・下重暁子、居場所を失った少女の支援をしている「VOICES MAGAZINE」編集長・橘ジュン、夫婦問題研究家の岡野あつこなど、数々の家族と向き合ってきた“家族のプロ”たちからコメントが到着。

 本作は「真夜中の五分前」、「ストレイヤーズ・クロニクル」など映画化が続く人気作家・本多孝好の短編小説「at Home」を映画化。「未来予想図~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~」の蝶野博監督がメガホンを取り、虐待、性暴力、DVなど辛い過去を持つ他人同士の家族の絆を描いた本作は、帰る場所を失い、人生をも見失っていた5人が本当の家族というものを知り、幸せを守るために立ち上がるヒューマンドラマ。主演の竹野内豊をはじめ、松雪泰子、坂口健太郎、黒島結菜、池田優斗、村本大輔、千原せいじ、板尾創路、國村隼ら豪華キャスト陣が出演する。

『ホームドラマ』などの脚本を手掛け、家族や人の絆の描写に定評のある岡田は「ガツンとやられました。骨太で誠実、斬新な設定なのに懐かしい。ラスト、こんなに泣かされるとは。傑作です」と賛辞を送っている。

 映画「at Homeアットホーム」は8月22日(土)より全国ロードショー。

◆そのほかコメント◆
<水谷修>
「今、日本の多くの家族が失ってしまっているもの。それが何なのか。この映画は、それを私たちに気づかせてくれます」
<下重暁子>
「家族とは何か。血のつながりやしがらみではない。ほんとうの家族とは傷ついた者同志の心のつながり、そこに生まれる思いやりと責任である」
<橘ジュン>
「現実はきれいごとじゃない。ただ、なぜだろう。見終わった後にあふれてくる安心感と、『これでいい。これからが始まり』と思わせてくれる期待感は。傷ついた大人と子供が偶然の出会いから互いにひかれ合い、つくり出す「家族」という絆。人は皆、寂しく弱い存在だ。「おかえり」と「ただいま」が言い合える場所。心の通い合う場所を守るためなら、人は強くなれるんだって思わせてくれた」
<岡野あつこ>
「この映画で新しい家族の定義が見えた。認め合う心、守りぬく勇気、許し合える愛がそろったとき、人は誰でも家族になれる!」

映画「at Homeアットホーム」
■監督:蝶野博(「未来予想図~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~」)
■原作:本多孝好「at Home」(角川文庫)
■脚本:安倍照雄(「手紙」「不思議な岬の物語」)
■出演:竹野内豊 松雪泰子/坂口健太郎 黒島結菜 池田優斗 村本大輔 千原せいじ 板尾創路/國村隼ほか
■製作:映画「at Home」製作委員会
■公式HP(http://athome-movie.com/

(C)映画『at Home』製作委員会 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える