• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

女子高生がトイレで悶える!? 個性派バンド・amazarashiの新曲MVが話題

 人気バンドamazarashiの新曲「スピードと摩擦」(8月19日発売)のミュージックビデオが公開された。全編にわたって女子高生がトイレの個室で激しく踊る内容で、力強さとともにエロスさえ感じさせられる、閉塞的な人生の中であがく若者の魂を表現した個性的で斬新な作品に仕上がっている。

 青森県在住の秋田ひろむを中心に構成されているamazarashi。これまで一切素顔を明かさずミステリアスな世界観を創り上げながらも、ライブでは1万人規模のチケットが5分で即完するなど注目を集めている。彼らの2ndシングル「スピードと摩擦」は、江戸川乱歩没後50年記念アニメ『乱歩奇譚』の主題歌にも起用。今後のさらなる活躍に期待がかかる。

今回公開されたミュージックビデオは、若者が抱える焦燥感をテーマに、ストレスの象徴であり、かつ江戸川乱歩的な閉塞空間の象徴でもある“学校のトイレ”で、1人の女子高生が踊り狂う様子が描かれている。トイレの壁はくり抜かれており、全4506文字に及ぶ歌詞が女子高生やトイレ内に照射され、独特の世界観を生み出している。撮影時間は47時間に及んだ。

出演者のオーディションは全員が実際にトイレでダンスをするという異例の形で進められ、選考は約10時間。中には、壁をよじ登る人、トイレットペーパーを食べる人、便器に顔を突っ込む人もいたという。川村美紀子がダンスを披露した際には、踊りに熱中するあまりトイレそのものを破壊してしまうひと幕もあったそうだ。

2ndシングル「スピードと摩擦」ミュージックビデオ

2015年8月19日(水)発売
通常盤CD 1200円(税別)
初回生産限定盤CD+DVD 1800円(税別)
期間生産限定盤CD 1300円(税別)

amazarashi
秋田ひろむを中心としたバンド。2010年のデビュー以来、一切本人のメディア露出はないが、絶望の中から希望を見いだす、ずば抜けて強烈な詩の世界が口コミで広がり、リリースされたすべてのアルバムがロングセールスを続けている。ライブは、ステージ前に貼られたスクリーンにタイポグラフィーなどを使用した映像を投影し独自の世界観を演出。熱狂的なファンを集め、デビュー以来のライブ動員数はのべ10万人に及ぶ。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える