• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

小関裕太が名作「トッツィー」を観賞!マイケルの魅力に「やられた!」

 若手俳優の小関裕太が、ソニー・ピクチャーズより「吹替洋画劇場」シリーズとして発売中の名作映画「トッツィー」を観賞し、コメントを発表した。

本作は、ダスティン・ホフマン演じる売れない俳優・マイケルが、ひょんなことからドロシー・マイケルズという女優となって一躍人気者になるも、共演女優・ジュリーを好きになったことから歯車が狂い始めるという傑作コメディ。

小関は「この芸能界で(特に日本で)あんなに強気に立ち向かっていこうと思っても気が臆してしまうけど、あの魅力付きの気の強さは男が割り切っているからこそ出せるものだと思う。そこにまた説得力があって『やられた』って思う」と、主人公・マイケルが演じるドロシーという女優の“生き方”と“演技力”に感動。

また、自身がドラマ『ごめんね青春!』(2014/TBS)で性同一性障害の悩みを持つ役を演じた経験から、「マイケルは決して性別の悩みを抱えていたわけではないけれど、演じきる責任に対して通ずるものを感じた」とコメントした。なお、コメント全文は、吹替洋画劇場の公式HPで見ることができる。

吹替洋画劇場 公式HP:www.fukikae-gekijo.jp

吹替洋画劇場 コロンビア映画90周年記念 『トッツィー』デラックス・エディション【初回生産限定】
発売中 ブルーレイ 2枚組 4,743円+税
特典ディスクにはフジテレビ系『ゴールデン洋画劇場』日本語吹き替え版を完全収録

発売元・販売元:(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

(c)1986 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える