• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

つるの剛士が後輩ウルトラマンに対抗心メラメラ!「子供の人気はダイナが1番!」

(C)円谷プロ

東京・池袋サンシャインシティで開催中のイベント「ウルトラマンフェスティバル2015」にて『ウルトラマンダイナ』『ウルトラマンガイア』Complete Blu-ray BOX発売記念スペシャルトークショーが行われ、各作品中でウルトラヒーローに変身する、つるの剛士、吉岡毅志、高野八誠が登場した。

トークショー前に行われた囲み取材で、つるのは「当時は右も左も分からない新人。(役名の)アスカ・シンと一緒に成長させてもらった。18年前はフィルムで撮影しているため荒々しさが味になっているが、Blu-rayは画質がきれいですごく新鮮」とアピール。さらにほかのウルトラマンに負けないところを聞かれると「おもちゃの売り上げはダイナが一番!子供からも人気があった」と後輩ウルトラマンの吉岡と高野に対抗心をメラメラにし、ダイナの魅力をさらに語り続けた。すると吉岡も「変身した後に土埃が飛ぶのは、ダイナの変身シーンをバージョンアップしたもの」と負けじとアピール。高野も「ストーリーがワールドワイドなところは負けてない」と自信満々に語った。

トークショーは、約500人のファンが3人をお出迎え。スクリーンで当時の写真を公開されたつるのは「もう18年たって、40歳超えちゃったなぁ」と照れくさい様子。苦労の多かった撮影シーンについて吉岡は「一発撮りを宣告されたナパーム弾の間を駆け抜けるシーンが、熱くて爆発にビビって大変だった」と特撮ドラマ特有の苦労を明かすと、高野は「足だけで役柄を演じるのが難しかった(笑)」とそれぞれに懐かしそうに振り返る。さらに野球に例えたせりふやエピソードが特色だったダイナについて、つるのは「僕は部活動がずっと吹奏楽部だったので運動が大の苦手(笑)。走るシーンでは監督から何度もNGを出た」と意外なエピソードを披露した。

トークショー後は、つるの、吉岡、高野がハイタッチでファンを送り出すうれしいサプライズもあり、会場に集まった大人から子供まで大盛況の中でトークショーは終了した。

『ウルトラマンダイナ Complete Blu-ray BOX』
発売日:2015年9月25日(金)
価格:¥45,000+税
発売・販売元:バンダイビジュアル株式会社

『ウルトラマンガイア Complete Blu-ray BOX』
発売日:2016年2月24日(水)発売
価格: ¥45,000+税
発売・販売元:バンダイビジュアル株式会社

<関連サイト>
HDリマスター2.0シリーズ
公式サイト:http://m-78.jp/ultraman-bd/
ウルトラマンフェスティバル2015
公式サイト:http://ulfes.com/2015/

(C)円谷プロ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える